2004/9/25

なんとも・・  そこそこに

作ってみれば3トンの荷物!!
あ〜〜買ったなあ〜
久々のエアー送りで2トン弱、オ〜シャンが1トン強。あわせて3トン、3,000キログラムね。
全部エアーで送りたいとこだけど、高いでね、航空運賃。

そんなわけで、とりあえず買い付け、終了。
来月はタイと、シカゴ。
シカゴは2年ぶりかも?
うう〜〜きっともう、さぶいぞ〜〜


思うこと。

昔から、こっちで車に乗ってると、こりゃあ日本、見習わんと、ってことがいくつかある。

まず、信号の無い交差点。
必ずどの車も一旦停車。
んで、とまった順に一台ずつ、発進。
ずるずると気の弱いドライバーが待ち続ける、という日本のスタイルは、無い。
安全で、公平。絶対良いと思う。

んで、、高速道路のマナー。
た〜けみたいに後ろにぴったりくっついてパッシングするような馬鹿は、まず、いない。
まあ、後ろにくっつく人は稀にいるけど、ほっとけば勝手に別車線から追い抜いていくし、そうでなければ、あせらず、こちらも適当にどけるとこでどけばよい。
勿論、全ての車がそうではないが日本のそれと比べれば、比ではない。

あと、有名な話だけど、日本でいうところの左折、こっちは右折ね、直進の信号が赤でも、特にダメって表示が無ければ安全確認して行ってよしっ!ってやつ。
これは、実際やってみると素晴らしく調子が良い。
だいたい直進が赤なので横断する歩行者はいないわけだし、すり抜けバイクを巻き込むことも無い。
車線に入る時、車が来てるかどうかの確認は絶対できるもん。すぐそこまで車が来てるのに突っ込むバカは、まず、おらんしょ?
その確認が難しいとこは、こっちだって行っちゃいけないわけだし。
いらいらも解消できるし、一石二鳥以上だと思うんだけど・・

もういっちょ、消防車や救急車のサイレンがめちゃめちゃでっかい事。
日本だと、あ〜〜?サイレンかあ〜?
でも、どっから来てるか、どっちに進んでるのか、よ〜判らん事ない?
止まるにも止まれんし、どっちに寄っていいのかも、判らん。
え〜い!行ってまええ〜〜、って。
こっちはかなり遠いとこからでもどこにいるのか確認できるし、右左どっちに車を寄せるかも、早く判断できる。
んでもって、このあたりのマナーもこっちはちゃんとしてる。
絶対、みんな止まるし、道も空けるしね。
いつ自分がお世話になるかわからんしねえ〜
こおいうとこは見習いたいなあ。


アメリカの風習、生活なんかの全体を考えれば、日本人のおいらにとっては納得できないことのほうが多いけど、事、そのあたり、モータリーゼーション発祥の地だけあって、う〜ん、悔しいかな、日本。って感じ?

(写真はまったく関係の無い1970年代のメッセージドール、悪魔くん。
これも、おいらは、好きである。)




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ