2010/5/11

エアー抜き。  自転車
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


本日は朝から雨模様の為手間のかかるエアー抜きをすることにしました、一般客の来店もなく込み入った修理をするには絶好の好期です、まずはフロントシリンダーのブリードキャップ欠落のオイル漏れをリカバリーするべく、レバーを逆さまにオイル受けをつなぎ、キャリパーから注射器でドットオイルを注入します、気泡がなくなった段階でシリンダーに残った気泡を丹念に抜き取り、ブリードキャップを差込完了です。
リアもフロントに準じた方法で作業を繰り返します。
最終はレバーのストロークの調整をして完了です。自転車レンチ

3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ