2010/6/22

Flipside / S.T. (Sweetbay/83/US)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

チープなジャケが好きモノにはソソるAOR系のロック。それなりの人気盤みたいだけど、個人的には「Jah Watches Over Jamaica」がかろうじて聴ける程度。(B.V.J.)


2010/6/18

Zaras / Excuse Me, Forever (El Sol/-/US)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

「Best Years Of My Life」がMURO氏のミックスに収録されたためか高額盤の仲間入りを果たしたラスヴェガスのロック・グループによる一枚。ただし個人的にはこの手の音はちょい苦手。(B.V.J.)


2010/5/12

Positive Force featuring Denise Vallin / S.T. (No Label/83/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

コアなAORファンの間ではすでにお馴染みの一枚だろうか。プライヴェート・プレスでありながら水準は高く、「You Told Me You Loved Me」、「Everything You Do」、「You Gotta Know」と、そのスジの方々にはタマラナイ音が次から次へと飛び出してくる。タワー・オブ・パワーそっくりの「Put In The Groove」も面白い。(B.V.J.)


2010/5/5

Waterfront / Live In The Alley (Nebula/-/US)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

ローカル・バンドによるペンシルヴァニアのナイト・クラブでのライヴ録音。リード・シンガーのみ黒人でバックはすべて白人だと思われる。ナイトライターズやタヴァレスのカヴァーをやっているもののいずれも退屈な出来。それよりもAOR寄り(かなりイナタいけど)の「Heart Be Still」のほうがマシか。(B.V.J.)

2010/4/17

The Fallen Angel / Tough Times (Tough Times Inc./76/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

曲名も書いてない正体不明の500円レコード。白人みたいだけど1曲ミディアム・テンポのメロウ・ソウル・チューンがあってこれがなかなかの出来なのだ。他にもファンキーでレア・グルーヴ的な曲もいくつか入っていてコスト・パフォーマンス高めの掘り出し物。(B.V.J.)


2010/3/17

Tony / S.T. (Shampton/75/US)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

 去年はBabaduの再発で沸いたハワイアン・コンテンポラリー周辺なのだけど、今日はまだ未再発の砦に囲まれた1枚を紹介。
 コレ、某コレクター雑誌の昔の特集で紹介されていますが、そこでのレビューが素晴らしく、どうしても聴きたいっ!って気にさせてくれます。だが…悲しいかな、かなりレアな存在… そして、ウチの師匠宅で初めて聴いた時は、やはり予感に間違いはなかったと確信。待つ事数年、やっと手に入れました。
 さて、その内容は基本的にトニーさんの弾語りですが、そこにヴァイオリンやパーカッションを上手く絡ませているのが特徴。しっとり歌い上げる部分と無邪気に音と戯れる軽快さのバランスが絶妙です。そのヴァイオリンの絡むブリティッシュ・フォークのような「Sweet Lady」、アコギとクラベス(拍子木のようなパーカッション)のセッションみたいなインスト「Triangle Park」も良いのですが、なんと言っても彼の歌声がこのうえもなく優しい「Lady Of The Golden Sun」が素晴らしい。これはコンガの入った爽やかなミドル・チューンで、Greg Yoderあたりを思わせます。
 それにしても、ハワイのこのテの音楽って本当に独特の“Intimate”な雰囲気があって堪りません☆ (m. hashimoto)


listen to the sample of "Lady Of The Golden Sun"






2010/3/14

Scott Cunningham / Blues Take You Over (Marble Bar/78/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

ボルティモアのシンガー・ソングライター&ギタリスト、スコット・カニンガムによるマイナー・アイテム。AOR的な「Blues Take You Over」、しっとりとしたジャジー・テイストの「How Much You Mean To Me」、ソプラノ・サックスがハマるレア・グルーヴ「Uncontrolled」、心安らぐ「Let Us Be Close Tonight」等、ナイス・トラックを多数収録。(B.V.J.)


2010/3/9

Billy T. / No Definitions (CBS/77/AUS)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

某サイトで紹介されてたので買ってみたオーストラリアもの。ポップな「Keep On Dancing」とファンキーな「Live Together」がギリギリで、あとはどうしようもないダメ・ロック。(B.V.J.)

2010/2/3

Michelle Scott / Classy Chassis (Soul Deep/76/US)  ROCK/AOR/SSW

クリックすると元のサイズで表示します

怪しげなジャケとレーベル名にひかれて買ってみたものの見事にハズしてしまいました。とはいえ「I Write The Song」のボッサ風カヴァーとか人気の「Feel Like Making Love」とかやってて、そのへんのラインが好きな人にとってはソコソコの内容かも(?)。(B.V.J.)

2009/12/20

Charlie Chin & Chris Iijima / Back To Back (East/West World/82/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

中国系&日系アメリカ人のシンガー・ソングライター・デュオ。A面は陳、B面は飯島が書いた曲が収められていて、「Dust Don't Fly」、「Asian Song」、「Down In The Street」等、どれもアコギが魅力的なグルーヴが紡ぎ出している。(B.V.J.)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ