2015/7/24

Carla & John Piper / Say Hi (Soundpiper Music/76/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

子供向け教育番組(プログラム)用のレコード?みたい。そんな中にもオジサン好みの秀逸なトラックが! 「Listen」はテレア「Pretty Bird」と双璧をなすようなクールな佇まい、などと言いながら友人に聴かせたら「コレのどこがいいの?」とボロクソに言われました(笑)。
.

2015/7/5

El Gusano / Fantasia Del Barrio (Joey/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

全曲インストのテキサス産サイケデリック・ファンク・サウンド。いや、ファンクというよりロックか。「ベトナム戦争から帰還したメンバーがその戦争体験をもとに作り上げた」らしい。市場価格高めのいわゆるレア盤だが内容的には好き嫌いが分かれそう。
.

2015/7/2

Lynn White / Am I Too Much Woman For You (Darby/79/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

アラバマ出身の女性ソウル・シンガー、リン・ホワイト。本作は彼女のデビュー・アルバムと思われます。残念ながら“トゥー・マッチ”どころか物足りなさしか感じない平凡な内容でした。
.

2015/7/1

Helene Smith / Sings Sweet Soul (Deep City/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2000ドル超えってのはチト高すぎる気はしますがレアなことは間違いないようですね。詳細はこちらで↓。
http://www.hmv.co.jp/artist_Helene-Smith_000000000595656/item_Sings-Sweet-Soul-Pps_6181799

レア・グルーヴ的にはJBタイプのファンキー・ソウル「You Got To Be A Man」でしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=KpSRqG5tM24

.

2015/5/25

James Mason / Recollection Echo (Shout!/2015/US)  FUNK/SOUL

クリックすると元のサイズで表示します

 既にリリースから一月以上経ってますが、、 以前から噂のあったジェームズ・メイソンの未発表音源がついに発売されました。『Urban Bush Music』と題されて『Rhythm Of Life』の次に発売されるはずだった2ndアルバムのための楽曲が中心になって構成されています。
 さて、実際中身はどうなんだろう?『Rhythm Of Life』の後に出された12インチ・シングル『I Want Your Love」(本作ではタイトルを変えて別バージョンが収録されています)のように、よりエレクトロでディスコティックなサウンドを予想しましたが、大体その通りです。一方、「Sweet Power Your Embrace」の続編というべき「Love Song」や、前作と共通のメンバーで録音された「Space Walking」のような70年代的アナログ感のあるプロダクションもあり、全体通して楽曲のクオリティは非常に高いです。高揚感に満ちたグルーヴと黄金蜜のように溢れでるメロウネス。唯一、音質が少々残念なんですが、それは仕方ないですよね。。ちなみに、今回はCDのみリリースです。(橋本)

2015/5/1

Hot Cold Sweat / S.T. (Sweat/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

男女混合10人編成の黒人ソウル/ファンク・バンドによる自主制作盤。クレジットはありませんが裏ジャケに写るメンバーの出で立ちやサウンドから推測すると録音時期は1980年前後でしょうか。バウンシーなファンキー・チューン「Gonna Make You Move」とスティーヴィー・ワンダーのカヴァー「Living For The City」あたりに注目。
.

2015/3/16

Bill Smith / On Road Away Home (Bernice/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

トラック野郎の漫談ライヴ・ショー? バンドを従えて控えめな演奏をバックにひたすらしゃべりまくるだけのアルバムなんだけど時折ファンキーな瞬間が。ま、それだけと言えばそれだけなんですが...
.

2015/3/15

Jimmy Lynch / Nigger Please! (Laff/77/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

ブロウフライ、ルディ・レイ・ムーア等と並ぶエロ芸人ジミー・リンチ。オープニング・ナンバーはジェイムズ・ブラウン・マナー、というかそのまんまのファンク・トラック。
.

2015/3/14

Swamp Dogg / An Opportunity - Not A Bargain (Wizard/77/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

某ディスク・ガイドのレア盤コーナーで紹介されていた“スワンプ・ドッグ”ことジェリー・ウィリアムス・ジュニアのマイナー盤。彼がプロデュースしたチャーリー・ホワイトヘッドのアルバムにも収録されていたファンク「Let's Do It Again」がソコソコ...
.

2015/3/13

Tashombe / We Are The Children (No Label/83/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

ジャケなしの正体不明盤。ソウルにジャズを少しブレンドしたクロスオーヴァーなタイトル曲「We Are The Children」が83年録音にしてはグッド。
.



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ