2016/3/28

The Heavenly Band / Hello Sunshine (Brownwood/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

一時期モノスゴイ価格で取引されていたこのゴスペル・ソウルも最近はようやく落ち着いてきたような。初めて試聴した時もピンとくる曲はなかったが今回改めて聴きなおしても同じことだった。
.

2016/3/27

Toledo Scott High School Jazz Ensemble / Timeless Soul (Musicor/74/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

"A to Z"にも掲載された学生バンドの74年ヴァージョン。「The World Is A Ghetto」や「People Make The World Go 'Round」などのカヴァーを収録したそのスジ(?)の方々には人気の一枚(???)。
.

2016/3/16

People / S.T. (GCP/77/US)  LATIN/WORLD


クリックすると元のサイズで表示します

レーベルからもおわかりの通り基本テックス・メックスですが、ティト・プエンテのカヴァー「Picadillo」とグルーヴィーなインスト・ディスコ「Sholongo」は悪くない、かもしれません。
.

2015/9/8

Little Woo Woo / Live (Heat/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌のレア・グルーヴ・ディスク100選で取り上げられたアルバム。個人的にもそれまで見たことも聞いたこともなかった珍盤です。ハイライトはオルガンが唸りを上げる「Harlem Shuffle」のカヴァーなんですがレア・グルーヴと呼ぶには若干録音が古いかも。ズンドコ・リズムのせいかグルーヴの“うねり”がイマイチ感じられません。とはいえレアなので当時知ってたら「A to Z」に掲載してたでしょうね(笑)。
.

2015/8/22

Lloyd Price / Stagger Lee (TSG/76/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

1959年に自身がヒットさせた「Stagger Lee」をタイトルにしたTSG盤。この人の音楽にはほとんど興味ないのですがTSGなので買っただけ(笑)。もちろん特筆すべき内容ではありません。TSGというだけで高値が付いていることもありますがけっしてオススメしませんので念のため(笑)。
.

2015/8/13

Dave Anthony Band / First Flight (Kim Star/83/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

「航空会社のノベルティ」とどこかに書いてありました。録音はカリフォルニア、9人編成のおそらくは白人グループ。典型的なAORチューン「Too Perfect For Too Long」「This Will Be」やスティーヴィー・ワンダー風の「Little Golden Girl」など、この手の企画モノとしては悪くないです。
.

2015/8/12

Tito Ramos / Where My Head Is At (Cotique/72/US)  LATIN/WORLD


クリックすると元のサイズで表示します

7インチにもなっているラテン・ファンク「Big "T"」を含むティト・ラモスの人気アルバム。TNTバンド時代から変わらず発せられる黒いラテン・フィーリングが最高です。オープニング曲「Heaven」も鼻が曲がりそうなソウル臭に白旗。
https://www.youtube.com/watch?v=DIXaCCYMNXs
https://www.youtube.com/watch?v=scOlvMB46XI
.

2015/8/11

The Funk Factory / S.T. (A&W/-/US)  ROCK/AOR/SSW


クリックすると元のサイズで表示します

“ファンク”とグループ名に付いていてもちっともファンクじゃない。そういえば同名のつまらないユニットもあったような(笑)。こちらもたいして面白くはない白人5人組。冒頭から耳を塞ぎたくなるようなロック・ナンバーで萎えまくりますが、2曲目「Warm Summer Feeling」はラテン風味のAORで若干救われます。あとはB-4「Give It To Me」あたりが平均点ギリギリか。
.

2015/7/31

Courageous / S.T. (Demo-Vox/-/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

ジャケの文字(グループ名?)はマジックで書いてあるっぽい。ギター、ピアノ、ベース、ドラムの4人編成でたまにヘタな歌が入ります。歌を聴く限り白人でしょうかねぇ。8ビートと4ビートを行き来する「Courageous Cat」では途中ベース&ドラム・ブレイクも挿入されたりしてオススメできる、かもです。
.

2015/7/29

Joe Nesmith / A Sound Of Little Rock At Christmas (Brother Man/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

マイナーではありますがこれはそれなりに見かけるレコードでしょうか。ジョー・ネスミスなる人物の作曲・アレンジによるクリスマス・アルバム(?)。但し、クリスマスっぽい曲はなく限りなくチープなファンキー・トラックが大半を占めています。例えばこんな感じ↓。
https://www.youtube.com/watch?v=HCVRePIDJRQ
https://www.youtube.com/watch?v=UDsqQw-PrkQ
.



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ