2009/12/30

V.A. / Psych-Funk 101 (Now Again/09)  LATIN/WORLD

クリックすると元のサイズで表示します

 2000年代も残す所あと1日。今日は今年出たコンピの中でもトビキリ変態かつ充実した1枚を。タイトルにある通り、キーワードはサイケとファンク。1967〜80年までのエリアで、世界各国のちょっとキテル楽曲が大集合している。サウンド的に分析すると、スライや後期ジミ・ヘンドリックス、あるいはプログレ〜ジャズ・ロック辺りをご当地のテイストで色濃く染め上げたという感じだが、キワモノ的な面白さだけに終わらない不思議な魅力と中毒性がある。収録楽曲の国籍はザッとこんな感じ〜トルコ/ナイジェリア/エチオピア(Mulatu Astatkeの45")/韓国/ギリシャ/イラン(シャフトのテーマのイラン版?)/ドイツ/イタリア/レバノン/エジプト/ロシア/フランス(Cortexよりドープなプログレ・ブレイクビーツ)〜 ブックレットに、各音源の原盤情報も掲載されているので、ガッツある方はトライしてみてください! (m. hashimoto)
タグ: Funk Jazz



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ