2019/7/30  21:00

KATOの2019年12月の新製品が発表されました  鉄道模型(いろいろ)

2019年7月29日、KATOのホームページで2019年12月の新製品が発表になりました。

いつもなら8月上旬発表なのですが、今回は早めの発表となりました。



HOの新製品も発表になっていますが、弊サイトではNのみを取り上げたいと思います。

今回、筆者にはドンピシャの車両が挙がりました\(^^@)/

東海道の113系0番台冷改\(^^@)/

111系の新発売や115系のフルリニューアル新発売など、国鉄直流近郊形が続々新仕様になっていますが、113系が残されている状態でした。

新113系はブルトレブーム後期である昭和57年〜60年ころの国府津電車区所属車ということで、筆者のNワールドにドンピシャなのです♪

113系というとKATOでは長いこと2000番台4両セットが再生産を繰り返してきましたが、ここ数年は再生産されず、単品は長いこと再生産されていません。

そのためサロ110-1200番台などは中古市場で異常高値が付いていました。

東海道本線東京口の11+4の編成を組みたくても揃えられないという時間が長いこと続いていたのです。

今回発表になった新113系は2000番台ではなく0番台冷改車♪

サロ110は1200番台と0番台冷改が用意されることになりました♪
設定時代からして帯ナシで製品化されるハズです。

サハは、当時の南コツで大多数を占めていた1000番台♪

これはフル編成で要予約です♪

当時、南コツにはサロ111も多数所属していましたので、既発売の111系7両セットに含まれているサロ111を組み込んで楽しむこともできそうです。

KATOの東海道シリーズ、着々とフルリニューアル化されているように見えますが、153系・185系・183系1000番台・103系が残っています。

今後に期待したいですね。

ところで、メーカーホームページで気になる記述があります。



新113系は車体マウントカプラーです。
クハの前面も連結可能なカプラーになります。

なのに密連Aと増結用台車(首ふりスカート)がオプション設定されているのは不思議です。

651系はマイナーチェンジのようですが、筆者のNワールドには合致しませんのでスルーです。

再生産としてクモユニ74とE233系1000番台京浜東北線が挙がっています。

クモユニ74は2両編成で東海道の荷電を担当していましたので、これを再現できます。

KATOの新線品、11月分は失速感があふれていましたが、12月は盛り返したようです。

合わせてAssyもキチンと予約しておかないといけませんね。
タグ: Nゲージ

2019/4/5  21:30

KATOの2019年8月の新製品  鉄道模型(いろいろ)

2019年4月5日、KATOのホームページで2019年8月ま新製品が発表されました。

今回は筆者にとって意外意外意外(@_@;)



なんと、しなの鉄道の115系が挙がったではありませんか(@_@;)

しなの鉄道と言えば、営業上TOMIX以外参入が困難と思っていましたが、まさかのKATO参入(@_@;)

しなの鉄道の115系は既にTOMIXが製品化していますが、筆者は所有していません。
しなの鉄道開業の平成9年当時、あのカラーは115系や169系を冒とくしているように見えたのです。

あれから20年以上経ち、慣れたこともあり、しなの鉄道カラーに関しては何とも思わなくなっていますが…(;^_^A

それでもTOMIXの115系はTNカプラーなど、後付け部品に費用がかかるため、トータルすると高価になってしまうため不採用としていたのです。

また、かつてはライトが電球でしたし…。

しかし、今回はKATOから、しかも最新仕様の115系♪

これは予約しないハズがありません。

まず、しなの鉄道色は現在のS13編成がプロトタイプだそうです。

続きを読む
タグ: Nゲージ

2019/3/2  1:00

KATOの2019年7月の新製品が発表される  鉄道模型(いろいろ)

2019年3月1日、KATOのホームページにて2019年7月の新製品が発表になりました。



今回も信州シリーズや筆者の心に響く新製品はなく、すべてスルー。
とっても平和です。

リーズナブルな3両セット「国電シリーズ」は初心者にはちょうど良いかも知れませんが、すぐに飽きるかと思います(;^_^A



四国シリーズも筆者には興味がわきませんのでスルーです。

というワケで夏は貯金が貯められそうです(;^_^A
タグ: Nゲージ

2019/2/1  21:00

KATOの2019年6月の新製品が発表されました  鉄道模型(いろいろ)

2019年2月1日、KATOのホームページで2019年6月の新製品が発表されました。

いつもよりちょっと早い発表のようです。

今回も「信州シリーズ」がなく平和ですが、気になるものがあります。



まずE6系「こまち」がNEWとなっていますが、今まで製品化されていなかったんでしたっけ?(・_。)?(。_・)?

スターターセットとしてキハ58セットが予定されました。

フルリニューアルとなったキハ58系が入門セットに登場しますが、所属標記が「関スイ」となるそうで、懐かしの標記が復活するようです(^^)

実在しない所属標記とすることで、汎用性を持たせたという感じでしょうか。

注意したいのは、パワーパック用のACアダプターがスターターセット用と謳われていることです。

別売りのN用ACアダプターは2Aですが、スターターセット用は出力の小さい1Aなのです。

これはEF210スターターセットも同様ですのです。

そして、キハ58系は単品が再生産されるようで、これは楽しみ…♪
でも、再生産ということは、所属標記は???・・・。

そして…

続きを読む
タグ: Nゲージ

2018/12/7  1:00

KATOの2019年4月の新製品が発表されました  鉄道模型(いろいろ)

2018年12月6日、KATOのホームページで2019年4月の新製品が発表になりました。



今回は信州シリーズがナシということで平和なのですが、気になるのがET122系です。

これだけでしたらスルーしたかも知れませんが…



ホビーセンターカトーから「3市の花号」が製品化されることが謳われています。

イベント車両大好き派としては惹かれる車両です。
しかも再生産の可能性がほぼゼロのブランドですので、これは要予約です。

このお供として通常のET122系も必要になる可能性もあり、悩むところです(;^_^A



特別企画として「急行みちのく」が挙がりました。

前回の「20系ゆうづる」に続き、昭和40年代の常磐線シリーズということでしょうか。
しかも、今回は短期間実現したというC62重連の上り列車ということで、かなり限定的な設定です。

こういう企画をKATOがやるようになったんですね〜…。

この時代の列車は筆者のNワールドには無縁ですのでスルーです。

オロ61など1は新規ですが、スハ43系ナハ10系は従来品の流用です。
KATOの旧客は企画を変えながら再生産されていますが、もはや汎用の単品は売れない…というか、販売店の在庫負担を考えるとこうなるのでしょうね…。

オロ61はAssyで1両欲しいところですが、特別企画品なのでAssyが設定されないかも知れません。

ワキ50000、これは東海道などで昭和50年代に見られた貨車ですので、要予約です。

EF66前期形が再生産になりますが、良い機会ですので予約したいと思います(^-^)/
タグ: Nゲージ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ