2019/6/19  1:00

KATO EF13 常点灯化工事  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

KATOの機関車は常点灯ではありませんが、ライトユニットに付いているコンデンサを撤去すると常点灯になるコトは知られています。

しかし、これをやると逆エンドのライトがチラチラと点滅する副作用が発生します。

これの解決策をネットで検索していると「スナバ回路」というものを見かけ、さっそくマネしてみることに…。

クリックすると元のサイズで表示します

スナバ回路はモーターと並列に設置しなければなりませんので、基板をよく見て、モーターに近く、ハンダ付けができる場所に設置しました。

続きを読む

2019/6/18  1:00

KATO EF13 EF15 EF16の屋根上塗装  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

先日、EF13の屋根を黒色に塗装するカスタマイズを行い、仕上がり具合などが確認できましたので、今回はEF15とEF16も同様のカスタマイズを行うことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ともに1両づつしか在籍していませんが…(;^_^A
大所帯のゴハチと比べるとかなり少ない配置です(;^_^A

続きを読む

2019/6/17  1:00

KATO EF13の屋根上塗装  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

先日配備したKATO EF13。

クリックすると元のサイズで表示します

とても良くできた製品です。

わがNワールドでは、昭和50年代の設定にしようと思っているのですが、当時、大宮工場で検査を受けていた機関車の屋根は絶縁材であるコールタールが塗布されていたため、黒色だったとのコト…。

さらにパンタグラフはグレーだったそうです。

そんなワケで、このEF13の屋根を塗装してみることにしました。

続きを読む

2019/6/13  1:00

TOMIXの信号機をユニトラックで使用する  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

TOMIXのファイントラックにはいろいろな信号機がラインナップされているのは皆さんご存知のとおりです。

クリックすると元のサイズで表示します
↑TOMIX 4灯式自動信号機PC枕木仕様

一方、KATOのユニトラックは3灯式しかなく、木製枕木仕様です。

TOMIXの信号機は、作動の仕方を切り替えることができますが、KATOの信号機はできません。

筆者の卓上レイアウトはファイントラックですが、お座敷レイアウトには複線PCユニトラックを採用しています。

これにTOMIXの信号機を組み込みたいと考え、信号機側は無加工を条件として、アダプター線路を作ってみることにしました。

まずは材料ですが…

続きを読む

2019/6/7  1:00

簡易どこでも電源コネクター  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

2017年12月にKATOから電源に関わる用品がいくつか新発売になりましたが、その中に「どこでも電源コネクター」というものがあります。



電動ポイントや自動信号機などはパワーパック側面のアクセサリー端子に接続することにより給電していましたが、この装置を使うとパワーパックとポイントスイッチや自動信号用電源が離せるようになるというものです。

保護回路が内蔵されていて、ショートした場合は電気を遮断するようになっています。

しかし、この「どこでも電源コネクター」は定価2200円(税抜)、しかもN用ACアダプター(定価2100円、税抜)が別売りですので、これを加えると4300円(税抜)となり、かなり高価なものになってしまいます。

そこで、市販品を流用して「簡易どこでも電源コネクター」を作ってみることにしました。

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ