2011/11/27  13:00

KATOクモニ143を動力化する  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

毎年この時期になると新製品や再生産が続々登場してくる鉄道模型業界ですが、11月末最初のアイテムは115系湘南色です。

偶然なのか、メーカーの作戦なのか…、TOMIXとモロに競合した115系湘南色。

その中で目玉と言っても過言ではないのが「クモニ143」ではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

この製品、待っていた人も多いと思いますし、ショップでも最重要製品として仕入れたみたいです(^^;

筆者としては初めての「荷物電車」の配備です。

旧金型のリニューアルで余計な経費をかけず、お手頃価格で製品を提供してくれたKATO(関水金属)に感謝です。


旧設計ということでスカートは最初から「首ふり」です…(;^_^A
ライトも電球仕様なので暗いですが…(;^_^A
でも、価格と品質で十分カバーです(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

さっそく定番のカプラー交換です。
クモニのスカートはクハ111用とは違い、密連Aのジャンパ栓が干渉しません。
ですので、そのまま取り付けました(^-^)

ところで、この製品、T車の設定しかありません。
昔はM車の設定もあったそうですが、今回の再生産はT車だけでした。
115系と併結するのを前提にしているようです。

しかし、今のようにトラック輸送が盛んではなかった時代、関越自動車道がなかった時代では、荷物繁忙期にクモニを連ねた荷物列車が運行されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑昭和57年上越線土樽付近
 S8シネマフィルムをスキャン

これを再現するにはM車が必要です。

というワケで、T車のM化改造を実施することにしました(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。
って、いきなりバラバラ大会です(^^;

ライトユニットが簡単にはずれなかったため、結局バラバラにしてしまいました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず窓ガラスと屋根をもどします。

ここで動力ユニットの登場です(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

じゃ〜ん♪(←東京電力のテレビCMでお馴染みのフレーズ^^;)
4両セットの113系2000番台のモハ112をトレーラ化したさいに発生したシャーシです。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずシャーシに載せてみます。
専用品ではないのでジャストではありません。
このままではちょっと車高が高くなってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

原因は一段引っ込んだ荷物扉の窓ガラスです。

クリックすると元のサイズで表示します

これが干渉して、シャーシの組み込みを阻害しています。

クリックすると元のサイズで表示します

干渉する部分をカットしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

再度窓ガラスを組み込んでシャーシを載せてみましたが…

クリックすると元のサイズで表示します

まだ干渉するので、窓ガラス下ギリギリまでカットしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで動力台車にスカートを移植します。
ジャンパ栓が干渉せず密連Aがそのまま取り付けられました。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を載せてみました。
ジャストフィットではありませんが、一応載ります(^-^)/。
はまっているワケではないので、車体を持ち上げるとシャーシが分離してしまう場合があります(^^;
取り扱い注意です(^-^)
車体とシャーシを両面テープで仮固定してもイイかも知れません。

ライトユニットはシャーシにモロに干渉するので取り付けませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

T車と並べてみました。
実は複数配備していたのですY(^^)

改造M車は床下機器が異なってしまいますが、よく見なければわからないのでヨシとしちゃいます(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

連結してみました。
車体の高さはピッタリです(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

あこがれのクモニ143二重連です(∩.∩)

しかし、これではもの足りません(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

上越線ではもっと多重連でした。
(昭和57年、上越線土樽付近)

クリックすると元のサイズで表示します

追加〜(^^;
改造M車を中間に入れます。
こうすればライトユニット非装備でも気になりません(^-^)

上越線・高崎線ごっこに荷物電車編成が仲間入りです(∩.∩)

めでたし、めでたし♪

それにしても、かつてはカプラー交換すらできなかった筆者ですが、ついに新品にこんな改造をするようになりました(^^;
もう初心者とは言えないですね(;^_^A



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ