2011/11/13  19:00

代用レールクリーナー?  鉄道模型(いろいろ)

昔々、HO時代レールの掃除と言えば…
「シノハラ レールクリーナー」というものがありました。
形状は消しゴム型。
早い話が「砂消し」のようなものでした。

これでカツミ式完成線路(金属道床)の真ちゅうレールをゴシゴシやっていました…。
もう、30年以上前の話ですが…(;^_^A

今でもこの製品が販売されているかは知りませんが、少なからず、いつものショップ(ネットショップも含む)にはありません(^^;。

ある日、100円ショップの工具コーナーで、こんなモノを見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します


固形の研磨剤です。
これって「シノハラ レールクリーナー」の代用になるのでは?
そう考え、購入してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、先日塗装したTOMIXのデッキガーダーのレール塗装で、上面に付いた塗料を落とすのに使ってみました。

ゴシゴシゴシ…
固形と言っても、やや柔らかい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと磨けました(^-^)/
シノハラ レールクリーナーと同様に「カス」が出ます。
新聞紙などを敷いてハケなどで落とすか、洗い流す必要があります。
ですので、固定レイアウトなどには使いたくないですね(^^;

この固形研磨材、線路を1本1本磨くには良いと感じました。
また、液体のレールクリーナーと違い、換気の必要がナイのも便利かも知れません(^^;
タグ: Nゲージ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ