2011/3/3  18:00

長電2000系A編成を比較する その2  鉄道模型(いろいろ)

先日発売になった長野電鉄2000系A編成「栗ようかん」ですが、地元ではとても良く売れているそうです。
ショップでは問屋に追加オーダーを出したそうですが、すでにメーカー在庫がナイらしいです。

今回は写真を撮り直しましたので、もう一度TOMYTEC鉄コレとM社製品を比べたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
↑まずはホンモノ。現役を引退し、須坂駅の留置線に停泊しています。


クリックすると元のサイズで表示します
↑続いてマイクロエース製品。

クリックすると元のサイズで表示します
↑そしてTOMYTEC製、鉄コレ。

ん〜、造形・塗装、ともに鉄コレに軍配が上がります。
台車の造形はM社の方が良くできているんですが…

クリックすると元のサイズで表示します
↑左がマイクロエース製品
 右がTOMYTEC製品

やはりこれからも特別な事情がない限り、マイクロエース製品は敬遠したいと思います。
タグ: Nゲージ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ