2011/1/30  17:27

河合商会のワム60000をKATOカプラーNに  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

久しぶりにカプラー交換の記事です。
しかも今年最初のカプラー交換作業でもあります(^^;

今回のお題は、河合商会のワム60000。

クリックすると元のサイズで表示します


初めて河合商会の貨車を配備しましたが、果たしてKATOカプラーN化できるでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

もしかすると使えるかも…
と言うことで、2軸貨車用カプラーポケットのAsyも用意しました。

クリックすると元のサイズで表示します

最初は「広」から施工してみます。
まずは車体とシャーシ(下回り)を分離します。
と言っても、簡単にはずれちゃいました(^^;
簡単すぎて、逆にハマリが甘いと感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

シャーシを裏返して既存のカプラー取り付け状態を確認します。
なるほど…、河合商会の2軸貨車はこうなっているんです〜。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーポケットをはずします。
はめ込まれているだけなので簡単に分解できました。

クリックすると元のサイズで表示します

試しに、既存のカプラーポケットにKATOカプラーNを取り付けて見たところ…
なんと、無加工ジャストフィット♪
ちょっと拍子抜けですが…(;^_^A

と言うか、予め用意したAsyは、無意味になっちゃいました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

KATOワラ1を用意して、車体を載せる前にカプラー高さチェックです。
をを♪ピッタリ合格です。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、車体を載せ、カプラーの腕の長さをチェックします。
これまたKATO車と同じ具合になりました♪

クリックすると元のサイズで表示します

同様に「長」を施工します。

クリックすると元のサイズで表示します

2台目ですので要領よくカプラー交換ができました。
めでたし、めでたし♪

クリックすると元のサイズで表示します

貨物列車の編成に組み込んで記念撮影♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ