2018/10/26  22:00

KATO 189系「あさま」小窓編成  鉄道模型(配備記念撮影)

2018年7月末、KATOから189系「あさま」小窓編成が新発売になりました。

アコモを全面改良したグレードアップ編成に対し、在来のアコモを改修した編成はリフレッシュ編成と呼ばれていました。
これが小窓編成というワケです…。

が、がががが…。

発売と同時にリコールとなり、販売店では入荷した商品を速攻で問屋にもどすという事態に…
通販で購入の人はメーカーに宅配便で送り返すことになりました。

かれから数ヶ月経ち、10月上旬に修正された製品が販売店に並び始めました。



筆者は10月中旬になって引き取りに行ってきました。

ここ数年、リコールがしばしば発生しているKATO。
いったいどうしたんでしょ。

とはいえ、待ち望んでいた車両、さっそく開封です。




グレードアップ編成は11両または12両編成ですが、小窓編成(リフレッシュ編成)は9両。
ちょっとコンパクトです。



説明書を一読します。
後付けのユーザーパーツはありません。
購入してすぐに楽しめる仕様♪



編成表には、短期間しか走らなかった列車名も掲載されています。

この製品のプロトタイプは、平成9年9月30日、最後の下り「あさま」に使われていた編成です。



あの時、横川駅で見送ったあの列車がNゲージで再現できるのです(^^)
あの日の大騒ぎはすごかったです…、もう21年前…。
この列車を見送り、速攻で長野にもどり、ビデオカメラとライトのバッテリーを充電して10月1日の長野新幹線開業式にのぞんだのも思い出に…
あのころは若かった…(;^_^A

さてさて、まずは試運転です。



動力車、スムーズに動くか、スローが効くか、確認します。



クハはライトが点灯するか確認です。



上野寄りクハ189。
EF63と連結できるようになっていますが、その際はカプラーポケットを前にスライドさせる必要があります。

通常の位置ではカプラーが固定されますので、そのままEF63と連結させると曲線で脱線する可能性が高くなってしまいます。



グレードアップ編成同様に台車スノープロウが付いています。
近年のKATO車は台車スノープロウをちゃんと付けてくれるようになりました(^^)



リコールとなった形式の印刷。
リコール品は緑色印刷でしたが、正式品は銀色印刷となりました。
でも、銀色印刷って目立ちませんね…(;^_^A



サロ189。
小窓編成(リフレッシュ編成)は4列シートのままでした。



モハ188。



片方のパンタグラフが撤去された姿を再現しています。
パンタグラフは来年発売予定のスプリングカバー付きPS-16Cに交換予定です。



モハ189。



新165系以来採用されている新AU-13。
造形がよりリアルになったパーツで旧製品をこれでアップデートする人が多いらしくAssyがすぐに売り切れに…。



既発売のグレードアップ車と並べてみました。
Nゲージ小さいのでよく見ないと違いがわからないかも知れません(;^_^A

では記念撮影です。



線路設置の手間を省くため単線で撮影です(;^_^A



この時期まだ北アルプスは雪化粧していませんが、11月になればそろそろ…



TORMの10両用ウレタンを使い、収納です。

これにて189系「あさま」小窓編成(リフレッシュ編成)が配備できました〜♪

めでたし、めでたし。
タグ: Nゲージ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ