2018/1/28  20:00

KATO DD16常点灯化工事  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※KATO DD16が再生産発売になりましたので、過去記事をアーカイブスしたいと思います。

KATO機関車のライト常点灯化工事。
今回はDD16です。

クリックすると元のサイズで表示します

ライト以外のカスタマイズは、新車配備の時に済ませています。

では作業開始です。


クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。
ライトユニットは前後に同じモノが付いています。
TOMIXのやり方みたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これは小さな基板です。

クリックすると元のサイズで表示します

スナバ回路をどこに設置するか、悩みます。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず既設のコンデンサを撤去します。

と、ここでひらめきました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

スナバ回路をココに設置しました。
既設コンデンサを撤去した跡を利用したのです(^^)

もうひとつの基板はコンデンサ撤去のみです。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトユニットを取り付けます。

スナバ回路を少しでもモーターに近くするため、スナバ回路付き基板を1エンドに取り付けました。

そして走行・常点灯テストです。

クリックすると元のサイズで表示します

スナバ回路を作用しているか、確認します。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を載せてできあがりです。

クリックすると元のサイズで表示します

これでDD16が常点灯になりました。

めでたし、めでたし。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ