2016/4/15  1:00

桜満開♪姨捨山タキタキ逃し…  篠ノ井線

このところ、暖かくなったり寒くなったり、天候もハッキリしない状態…。

善光寺周辺では先日の雨が「花散らしの雨」となり、満開の桜は終わりました。

しかし、山のほうはこれから満開を迎えます。

姨捨駅周辺の桜は4月9日(土)付近に満開になると予想していましたが、土日は多くの撮影者がいる可能性が高いので、平日に有給休暇を取得して(^^;)巡礼に行くことに…。

クリックすると元のサイズで表示します

毎度おなじみ、篠ノ井駅からスタートです。
天候は曇り時々晴れ…。
桜を撮るにはあまり良い条件ではありませんが…(;^_^A


クリックすると元のサイズで表示します

4月17日は長野マラソンです。
ゴールの南長野運動公園は篠ノ井駅がもよりです。
と言っても、かなり遠いですが…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

まずは腹ごしらえです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

かき揚げそば♪
オイシイ〜\(^^@)/


クリックすると元のサイズで表示します

跨線橋から長野駅方向を…
草ボーボーで使われていない貨物線がさびしいですね…。

クリックすると元のサイズで表示します

長野方面からEH200がやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

3月26日のダイヤ改正から、お昼のタキタキを担当する機関車は、機関区から出区してくるのではなく、北長野駅から来るのです…。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに待機しているタキタキの横を通り、機まわしを行います。

クリックすると元のサイズで表示します

連結〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

組成完了、発車の準備が整ったようです。

では移動します。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、治田(はるた)神社に立ち寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します

治田神社と隣接する公園は、千曲市の桜の名所です(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

お花見をしている人たちがけっこういました。

クリックすると元のサイズで表示します

この神社は「延喜式内」となっていますので、平安の昔からあったということになります。

ゆっくりしているとタキタキを撮り逃がしてしまうので移動です(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

急勾配がよくわかる場所でまず一枚(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

タキタキを見送り、速攻で移動し、姨捨駅に先回りします。

クリックすると元のサイズで表示します

沿線ではシダレザクラも満開♪

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨駅到着。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし!!、駅に着くやいなや、タキタキが通過してしまいました(@_@;)
え〜(O.O;)(o。o;)
予定より3分早い通過です…(O.O;)(o。o;)

この日は、ダイヤに変更があったのでしょうか…(T^T)

満開の桜とタキタキを撮ろうと思っていたのに、極めて残念です…(T^T)

一気に写欲喪失…(_ _;。

でもこの後、E127系が2本来ますので、トボトボと移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

有名な姨捨の桜。
満開です。

クリックすると元のサイズで表示します

桜の下から顔を出したE127系。

クリックすると元のサイズで表示します

頭上の桜もフレームに入れて撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

つづいて、下りE127系。

クリックすると元のサイズで表示します

桜の下を通ります。

そして移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨公園に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

公園に通ずる道…。

クリックすると元のサイズで表示します

善光寺平を眺望…。
天候がハッキリしません…。

クリックすると元のサイズで表示します

特急「ワイドビューしなの」接近。

クリックすると元のサイズで表示します

満開の桜と383系。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの定点撮り…(;^_^A

これにて撮影終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

静かな姨捨駅…。

クリックすると元のサイズで表示します

上りホームの桜も満開です。

まだ花が楽しめるうちにタキタキをリベンジしようと心に誓い、姨捨山をあとに…。

おつきあい、ありがとうございました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ