2016/4/8  1:00

春の嵐、姨捨山タキタキ  篠ノ井線

春真っ盛りの善光寺平。

あっちこっちで桜が満開になっていますが、今年も開花が平年より早く、異常気象や温暖化の影響を感じます。

さて、そろそろ姨捨山でも開花しているのでは?と思い、今月初の姨捨山巡礼に行こうと思いましたが、前夜から雨が降り始め、さらに発達しながら接近している低気圧の影響で風も強く、春の嵐という感じの天候…。

でも、ここで桜の状況を確認しておかないと、満開の予想が立てられません。
そこで、風雨強まる中、強行出陣しました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

まずは篠ノ井駅に立ち寄ります。

3月26日のダイヤ改正で根岸行きお昼のタキタキの時刻が変更になったため、これまでと違う行程で撮影します。

なお、写真は撮っていませんが、駅そばを楽しんだことは言うまでもありません…(;^_^A


クリックすると元のサイズで表示します

西口に移動、ロータリーの桜は満開です。

クリックすると元のサイズで表示します

北長野貨物ターミナルでの入れ替え作業を終えたEH200が戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイヤ改正前はDE10が担当していた作業をEH200が行うようになったのです。

でも、不思議なのは、北長野貨物ターミナルって、構内は非電化なんですよね(;^_^A
どうやってコキコキを構内に入れているのか…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

雨があたる跨線橋の窓越しに撮っているので、画が歪んで見えます(;^_^A

北長野から帰ってきたEH200は機関区へは入らず、待機しているタキタキに連結です。
つまり、このEH200は、朝に篠ノ井を出て→北長野→入れ替え作業→篠ノ井→根岸という運用をこなすワケで、とっても働き者です。

では移動です。
外は相変わらず風雨が強い状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

稲荷山付近では、あっちこっちの桜が満開でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

シダレ桜はまだこんな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

急勾配を実感できる筆者お気に入りの場所でタキタキ(^-^)/

畑の風景が春ですね〜♪

そして、速攻で移動です。

タキタキは桑ノ原信号所でしばらく停車しますので、先回りをしてもう1場面撮ろうというワケですd(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

善光寺西街道桑原宿付近の桜も満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨駅到着。

クリックすると元のサイズで表示します

上りホームの桜の状況。

クリックすると元のサイズで表示します

駅からちょっと長野寄りに行ったところのコヒガンザクラは満開です(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨の一本桜、満開までもう少しという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

タキタキ通過です。
写真ではわかりませんが、風雨が強く、傘をさしていても濡れてしまう状態…。
というか、傘があまり役に立ちません(;^_^A

今改正でタキタキは姨捨駅通過になりましたので、本日の本命はこれで終わりです(;^_^A
でも、ほんの少し待てば後続のE127系が来るので、遠くに移動せず留まります。

クリックすると元のサイズで表示します

畑の向こうを行く上りE127系。

クリックすると元のサイズで表示します

つづいて下りE127系。

クリックすると元のサイズで表示します

一本桜の下を通ります。

では移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

佐野川橋梁に来ました。
ココの桜の状況。
満開まで数日かかりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花の向こうに383系接近。

クリックすると元のサイズで表示します

これで桜が咲いて天気が良ければ絵になるんですが…(;^_^A

列車の撮影はこれで終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は撮影の途中に参拝していた信濃観音十三番札所「開眼寺」
ダイヤ改正後は帰途に寄ることに…。

なお、十四番札所「長楽寺」は、コースの関係で立ち寄りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

入口付近の梅。

クリックすると元のサイズで表示します

境内の桜は開花したばかりという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

桜の下にあった低木。

クリックすると元のサイズで表示します

ツツジ?何だかわかりません(;^_^A

というワケで、行程終了(^-^)/
おつきあい、ありがとうございました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ