2015/3/31  7:00

KATOタキ1000用にエコレールマークを自作する  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事を再編集してお送りします。


KATOのタキ1000日本石油輸送ENEOSマーク付き

クリックすると元のサイズで表示します

この製品はたびたび再生産されていますが、最新の製品はENEOSマークが石油元売り会社の合併(2011年3月)後の仕様となっています。


クリックすると元のサイズで表示します

実車は篠ノ井線でお馴染みです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

筆者はこの緑のタキタキが大好きです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

ビカタキもしばしば見かけます(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

合併後のENEOSマーク。
ところで、近年のENEOSタキは必ずといって良いくらい「エコレールマーク」が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

ENEOSマークがない緑タキはエコレールマークも付いていません。

KATOのタキ(単品)は、ENEOSマーク付きですが、エコレールマークがありません。

そこで、自作することにしました。

まずは国土交通省のホームページからエコレールマークを拝借してきます(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

これをラベル作成ソフトを使ってシールに印刷します。
1つのマークが直径4mmになるようにします。

クリックすると元のサイズで表示します

テスト印刷をして、ちょうど良い大きさに調整し、サイズが決まったら光沢シール紙に本印刷です。

たくさん印刷しましたが、これは丸く切り抜く時の失敗率を考えてのコトです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

100均で買った4mmポンチで切り抜いていきます。
なお、センター決めるのに少々コツと慣れがいるため、切り抜きに失敗することが多いです(^^;
そのため、たくさん印刷したというワケです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

シールをカッターの刃先に乗せてタキに貼り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに発売になっている「エコレールマーク付き(印刷済み)」と比較してみます。

シールの厚みが目立つと思いましたが、意外と目立ちません。

クリックすると元のサイズで表示します

もう1台も同様にシールを貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーを交換します。
車間短縮ナックルカプラーにしました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

台車をもどしてできあがりです。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり車間短縮ナックルカプラーは感動ですね〜。
これでもっと単価が下がってくれればイイのですが…。

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影です(^-^)/

写真右が今回配備したタキタキ、左が既配備のタキタキ(エコレールマーク印刷済み)です。

クリックすると元のサイズで表示します

自作のエコレールマークシール、成功です(^^)

こうして見るととくに違和感はありませんが、最初から印刷してある「エコレールマーク付き8両セット」のものと比較するとほんの少々大きく感じます。

実は、この自作シール、KATOの印刷済みエコレールマークを定規で計って、だいたい4mmぐらいだと判断して作っていました(;^_^A

じゃぁ、実物のエコレールマークの大きさは??
ふと疑問に思いました。

ならば実測しちゃいましょー(^○^)

タキ1000は、坂城駅や篠ノ井駅に行けば停車中の様子をじっくり観察できます。

でも、もっともっともっと、じっっっっっくり観察できる駅は…

クリックすると元のサイズで表示します

やって来ました「おばすて駅」♪

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどタキタキがバックで入ってきました(^^;←都合よすぎ

この日は編成が長いですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

列車はホームを通り越して、「道徳踏切」をふさぐカタチで停車しました(^^;
って、いつものコトですけど…(;^_^A

おかげでタキ1000見放題です(^^)
下回りなんかじっっっっっっくり観察できます(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

「道徳踏切」は、駅前の道路から姨捨公園に通じる踏切です。
もちろん第4種です。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前に停車するタキタキ♪
カブリツキであっちこっち見放題♪

クリックすると元のサイズで表示します

ポッチャリした丸いタンクに「おさわり」もできちゃいます(;^_^A

マーク無しも編成の中に混じっています。
しかもピカタキ♪

クリックすると元のサイズで表示します

実物の連結面♪
Nの連結器がいかに巨大かわかりますね(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

ENEOSマークとエコレールマーク付きのややピカタキ(^^;)です♪♪

ちなみに、ENEOSマーク付きでエコレールマーク無しは見たことがありません。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今回のミッション(^^;)である、エコレールマークの採寸。

クリックすると元のサイズで表示します

ふむふむ、55cmです。
実物もシールなんですね(^^;

では計算です。

550÷150=3.6666666…

3.6666666…mmを四捨五入すると4mm。

自作したエコレールマークシールは4mmで、少々大きいコトになりますが、ほとんど気になりませんし、ポンチは3mmまたは4mmなのでこれでヨシというコトにします(^-^)/

というワケでエコレールマークの採寸終了。

めでたし、めでたし♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ