2016/8/14  22:00

レール掃除に便利なペーパー  鉄道模型(メンテナンス)

夏休みNゲージメンテナンス特集。
今回も過去記事を再編集してお送りいたします。


これまで、レール掃除にキッチンペーパー、コットンパフ、コットン球など、いろいろなモノを試してきましたが、いずれも耐久性が弱いのが難点でした。

KATOのレールクリーニング綿棒を使えば良いのですが、ガンガン使うには単価が高すぎます。

安くて良いものをさがしていたところ、他ブログで「キムワイプ」というものを目にしました。

「工業用拭き取り紙」ということで、塗料や油の拭き取りに適しているとのこと…。

クリックすると元のサイズで表示します

さっそくSサイズを購入です。

このキムワイプを購入したのは35年ぶりです(;^_^A
当時は医療用の高性能ティッシュペーパーだと思って、これで鼻をかんでいたりしました(;^_^A

その後、存在を忘れていましたが、今になって記憶の奥底から蘇ってきました(;^_^A

続きを読む

2016/8/14  20:00

KATO 劣化した黒色車輪を研磨する  鉄道模型(メンテナンス)

夏休みNゲージメンテナンスシリーズ。
今回は過去記事を再編集してお送りいたします。


以前記事にしたKATOの黒色車輪劣化問題

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんど走行歴・通電歴がないにも関わらず、メッキがボロボロになってしまった車両(車輪)が多数あります。

「そんなコトはないよ」という人もいるようなので、ロッドによって品質にバラツキがあるのかも知れません。

銀車輪はこのような劣化は起こさないのですが…。

黒メッキに問題があるのでしょうか?
残念ながら、筆者は専門家ではないので、詳しいことはわかりません。

この劣化した黒色車輪は、集電性能が激しく低下します。
チラツく程度ならまたマシで、ほどんど点灯しない場合も…

さらに、ピボット軸が劣化していると、転がり抵抗が増加し、動力車の負担が増えます。

劣化した黒色車輪は、新しいものと交換するのが一番簡単で、確実です。

しかし、数が多くなるとコスト的にタイヘンです。

そこで、この劣化した車輪を研磨してみることにしました。

もちろん「ずくなし工法」で…(^^;)\(--;)

用意したのは…

続きを読む

2016/8/14  1:00

鉄道模型コンテスト2016 その5最終回  鉄道模型(いろいろ)

鉄道模型コンテスト2016のレポート、最終回は、学生さんたちの作品です。

本来、これが主役なのでしょうけど、筆者的にはメーカー展示がメインで学生さんの作品はサブなんです(;^_^A

学生さんたちの作品、かなりの数があり、全部は見ていませんが、見学させてもらった中で、印象に残ったモノを掲載いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

雪のコーナーモジュール。
雪って、意外とムズカシイんですよね〜。
とくに、白いカラーパウダーとかは、粒子が動力内に入り込む心配があり、軌間内の雪は気を使ったそうです。

続きを読む
タグ: Nゲージ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ