2014/8/23  4:00

東海道新幹線50周年  昔々の写真

今日は「昔々」の写真のご紹介です。

2014年・平成26年10月、東海道新幹線は開業50周年を迎えます。

思えば筆者が本格的に鉄道に興味を持ったのが、昭和50年3月10日の山陽新幹線博多開業の時。
子供のころは新幹線(当時は東海道山陽新幹線しかなかった^^;)が大好きでした(^^)

この時に登場した36形式「食堂車」はあこがれの車両でした(;^_^A
もちろん35形式「ビュッフェ」もあこがれでしたが、いずれの車両も利用することなく無くなってしまいました…。

さて、中高年にとって東海道新幹と言えば…

クリックすると元のサイズで表示します

そうです、0系ですよね〜♪

この写真は昭和50年3月10日、そうです、博多開業のその日、新横浜で「ひかり号」を撮ったものです。
だいぶ変色していますし、小学生が撮った写真ですから、ヘタクソです(;^_^A

当時筆者は「形式」と言うものは全く知らず、この21形式のことを「先頭モーターなし車」と呼んでいました(^^;
当時、パンタグラフが付いている車両がモーター搭載車でパンタなしはモーター非搭載だと信じていたのです(;^_^A

新幹線が「0系」、京浜東北線が「103系」という電車だと知ったのは中学生になってからだったと記憶しています(;^_^A

現在、東海道新幹線は「N700系」…でしたっけ???
京浜東北線は「E233系…」でしたよね〜(;^_^A???
山手線は近い将来「E235系」に…???

え?(@_@;)田町電車区は跡地になっている??(@_@;)
東京機関区は見る影もない???(@_@;)

今の東京の電車事情はよくわからない筆者です(;^_^A

なにしろ、地元である「長ナノ」の電車って、115系・189系・183系・211系しかありませんので簡単…(;^_^A

え?、篠ノ井線のE127系や「あずさ」のE257系があるじゃないかって?
E127系もE257系も「長モト」ですので…(;^_^A



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ