2014/2/4  12:00

EF64エアーホース付きスカートをストックしておく  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

先日、EF64 1000番台に試しにエアーホースを取り付けるカスタマイズを施工しましたが、なかなか良いので、電気機関車すべてに原則として「エアーホース取り付け」を定番とすることにしました。

ただし、パーツの単価が高く、EF64は配備数が多いので、片エンドのみに取り付けるようにして、反対側エンドはモールド表現のコックの色差しにとどめることにしました。

EF210やEH200など、ホースの本数が少ない機関車は両エンドに施工したいと思います。

さて、先日、EF64のスカートの取り扱いを誤り、カプラー開口部を破損してしまいました(_ _;。

クリックすると元のサイズで表示します

写真矢印部分なのですが、旧仕様には無い部分で、よく確認しないでスノープロウとカプラーを一緒に下方にはずそうとすると破損してしまうのです…。

みなさんも注意しましょうd(^-^)。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなワケでAssyを購入です。
いつもの大手通販ショップに珍しく在庫があったので注文しました。

近年、大半のAssyは予約の段階で売り切れてしまい、いざ破損部品を発注しようとしても入手困難な場合が多々あります。

今回購入したものは「一般色クーラー付き」用ですが、スカートそのものは「JR貨物更新色」と共通です。

「予備」を含め2セット購入です(;^_^A

ここで考えました。
あらかじめ、エアーホース付きスカートを量産(おおげさ^^;)しておけば、今後の追加配備や追加カスタマイズのさいに便利になるハズです。

そんなワケで、さっそく工作開始です(^-^)/

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ