2013/11/24  22:30

ライトのチラツキ対策  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

先日、初めてライトのLED化を試しましたが、電球以上にチラツキが気になっていました。

車輪と線路を掃除した直後は良いのですが、すぐにチラついてきます。

電子回路などに疎い筆者ですが、チラツキ対策としてコンデンサーが有効であることは想像ができました。

要は、集電不良で発生した脈流電流?を滑らかにすれば良いわけで、電解コンデンサーを使うのがよさそう、と考えていました。

しかし、どんな電解コンデンサーを使えばよいか…。

まずはネットで検索です。

いろいろヒットしましたが、イマイチよくわかりません(;^_^A

そんな中、エレクトロニクに詳しいかたのブログに「25V 100μFが良いのでは」という記事が目に留まり、他の電子部品とともに発注してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は秋葉原まで行かなければ買えなかったような部品がネットで注文できる…。
イイ時代です。

たとえ、江戸に住んでいたとしても、電車賃より送料のほうが安くなります(^^;

電解コンデンサーは、1個でヘッドライトにもテールライトにも対応させるべく、両極性にしました(^^;

しかし、想像以上に大きかった電解コンデンサー(^^;

今回、100μFにしましたが、1μFでもよかった気もします(;^_^A

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ