2013/9/30  8:00

あれから16年…  鉄道模型(いろいろ)

月日の流れというものは早いもので、平成9年(1997年)の碓氷線廃止から16年が経ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

同時に長野新幹線開業から16年でもあり、当時最新型だったE2系もそろそろ老朽化してきたようです。

続きを読む

2013/9/29  21:00

リンゴいろいろ  情景・風景観察

高山村では、ぶどうの出荷が一段落しつつりますが、続いてリンゴが忙しくなります(^^;



「つがる」「紅玉」などは9月に出荷されていますが、「秋映(あきばえ)」「シナノスイート」「シナノゴールド」などはこれからです。



新品種の「シナノドルチェ」は今が出荷の最盛期らしいですが…
でも、樹になっていても、どれがシナノドルチェなのが、筆者には見分けがつきません(^^;



高山村で一番多く生産されていると言われている「ふじ」は11月が最盛期です。



もちろん、早く出荷される「ふじ」もあります。



紅葉しているリンゴの樹を見かけました。
種類は…、わかりません(;^_^A
タグ: 田舎 農村 高山村

2013/9/28  19:00

下弦の月  情景・風景観察

9月27日は「下弦の月」でした。

「満月」に続いて美しいとされる「半月」「三日月」。
その「半月」の中でも上半分が欠けている「下弦の月」はバランスが良く、絵になると言われています。

とくに十五夜の後の下弦の月は、季節的に空気が澄んでいる場合が多く、クレーターもハッキリ写ります。

ちなみに9月27日の「月の出」は、天文台の発表では23時ころとなっていましたが、実際には東に高い山々があるので、それより30分以上は遅くなるはず…。



と言うわけで、深夜24時ちょっと過ぎころ、撮影しました。
ちなみにコンパクトデジカメです。
F8.0 1/60 感度80 最大望遠+デジタルズーム。

日付が変わって28日になっていますけど、月が昇り始めたのは27日ですから…(;^_^A

そして、月は次第に高く昇り、朝になると南の空へ…



28日朝、紅葉が始まった桜の向こうに月が…



Pモード。最大望遠+デジタルズームで撮影。

そして、午後には西の空に沈んで行きました。

今度は三日月を撮りたいな〜♪
タグ: 田舎 農村 高山村

2013/9/25  21:00

新旧でカプラー高さが異なる  鉄道模型(いろいろ)

2013年8月、ホビーセンターKATOからオリジナルパーツとして「車間短縮カプラー」が発売になり、入手したファンの皆様方はそれぞれのテスト結果をブログにUPされているようです。

このカプラー、元々KATO USAの製品で、Close coupling knucle couplerと言うのだそうです。
これが日本で解禁になった??(^^;ようです(;^_^A

車間短縮と謳われているだけあって、その効果は絶大のようですが、急カーブに対応出来ない・自動連結できない、などの欠点もあるそうで、自分のレイアウトとの相談ということになるようです。

このカプラーに関しては、リンク先の「Salamさんち」「しなのさかいさんち」でもレポートされていますが、機関車との相性や、KATOカプラーNとの相性に関して心配があったので、しなのさかいさんにお願いしたところ、追加レポートの記事を掲載していただけました。
改めて御礼申し上げます。

その記事の中でEH200と連結させると段差が…
と言う記述があります。

この、KATOの電気機関車のカプラー高さに付いては、筆者も少々疑問があり、過去記事の写真を使いながら復習してみることにしました。

KATOは、電気機関車のリニューアル化を進めているようで、EF65などはファインスケールになり、今までの「大きなロクゴ」と言うことがなくなりました。

EF64も手すり別パーツ化、今までのKATOカプラーアダプターに替わり、ナックルカプラー付属になるなど、少しずつ仕様を変えてきています。

しかし、この新仕様と旧仕様で同じメーカーの機関車なのにカプラー高さが違うという問題が発生しています。

本来統一されていなければならないカプラー高さ。

新仕様の機関車はカプラー高さが旧仕様より約1mm高いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

EF65同士、新旧で高さに差が出ます。
新EF65 500番台は旧仕様の24系25型と連結すると段差が発生します。

続きを読む

2013/9/25  19:00

秋の空に南国の花  情景・風景観察

昼間、長野駅前の温度計が30℃をさしていました。
まだまだ残暑の善光寺平です。

しかし、朝夕はめっきり涼しく、夜明け前はちょっと寒く感じる時も…

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中、夏の花であるハイビスカスが元気に咲いています。
真夏のころに比べると花の直径が小さくなりつつありますが、まだまだ楽しめそうです。

続きを読む
タグ: 田舎 農村



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ