2013/5/1  21:00

KATO電車動力車のメンテナンス  鉄道模型(メンテナンス)

※今回は過去記事アーカイブスです。


以前、中古として購入したKATOモハ152。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん旧製品です。

販売店側の走行評価は「A」でしたが、届いてから走らせてみるとギクシャク…(-_-#)

レールと車輪を掃除してから走行させてみましたが、やはりギクシャク…。

動力車がギクシャクする原因は大きく3つあります。

@レールの汚れによる集電不良。

A車両側の通電不良。

B車両の動力伝達装置の汚れ。

これはHOも同様で、とくにDVモーターにインサイドギヤの組み合わせだった時代は、モーターの消費電力が大きく、上記のほかに「ブラシの消耗」も原因だった記憶があります。

Nは消費電力も少なく、昔のDVモーターのような構造のモーターは使っていませんので、モーターそのものにギクシャクの原因がある場合は少ないようです。

さて、前置きが長くなりました。

ギクシャク改善の一番の処方は分解掃除です。

KATOの電車・気動車の動力車は、ほとんどが同じような構造ですので、これからの方法は他形式でも同じです。

では、はじまりはじまり〜

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ