2012/11/19  22:00

機関車五重連  鉄道模型(情景特撮)

今回も碓氷線シリーズです。

碓氷線廃止間際の平成9年9月6日、上り列車において機関車五重連という珍事があったそうです。

この日は団臨として「レインボー」と「旧客」が走ったそうで、そのうち「旧客」のけん引を担当していたEF62が軽井沢駅発車後にブレーキ故障を起こし、引き返して機関車の付け替えを行い、約90分遅れで軽井沢を発車したのだそうです。

故障したEF62を峠から降ろす必要もあったため、EF62+旧客列車の前にEF63が4両連結されたそうです。

これは、故障したEF62が死重となってしまうため、峠における制動力を万全のものにするための措置だったと考えられます。

あの当時、筆者は毎週末のように碓氷線撮影に出陣していましたが、この珍事があった日は他の仕事があったため、碓氷線には行っていなかったと思います。

この機関車五重連は伝説として語られているようで、この様子を描いた絵画が碓氷峠鉄道文化むらの資料館に展示されています。

そんなワケで、この場面をNで再現してみることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ