2012/11/1  22:40

懐かしのブルートレイン函南〜三島ごっこ  鉄道模型(情景特撮)

先日特集した「懐かしのブルートレイン」は、あいまいな記憶のまま撮影・記事UPをしたため、いろいろ間違いや勘違いがありました。

そこで今回、追加撮影と再編集を行い、新たな記事といたしました。

どうぞ、お楽しみください。

設定は昭和53年10月の改正後まもなく。
背景画の富士山の冠雪状態から冬ということになりますので、昭和54年1月〜3月というところでしょうか…。

撮影場所は、函南〜三島タイプです(^^;

なお、前回撮影分と今回撮影分では、樹木の配置や照明の具合、架線柱の位置や線路際の様子が少々異なっています。

それでは、はじまり、はじまり〜(^-^)/



TOMIXのカント付きレールを活用して、さまざまな列車を再現する「カントリーカーブシリーズ」

今日は「懐かしのブルートレイン」です。

かつて、午前中に続々と東京に到着して来た「星の寝台特急ブルートレイン」

先日の鉄道の日イベントとして、東京〜早川で1日限りでブルトレが復活しましたが、ブルトレが「懐かしの…」の仲間入りをするなんて、ブルトレブームのころは想像もできませんでした。

筆者も若きころ、ブルトレを撮りに、比較的近い場所に(^^;)に行ったものです。
当時、学生だった筆者には京浜東北線で行ける範囲が定番で、大船以西、まして小田原〜熱海なんて年に一度行ければマシなほうでした。

もちろん、富士山とブルトレを撮るなんて、夢でした…。

あれから30年、今、Nゲージで夢の場面が再現できるようになりました。



クリックすると元のサイズで表示します

まず、戦陣を切ってやってくるのは、「出雲2号・紀伊」です。
熱海到着が4:41だったそうですので、ここを通過するのは夜明け前です。
しかし、それでは写真になりませんので、少し日の出を早くしました(^^;

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ