2011/1/9  20:11

どんど焼きの準備  情景・風景観察

小正月の火祭り「どんど焼き」
同じ信濃国でも松本では「三九郎(さんくろう)」と呼ばれています。

地域によっていろいろな呼び方があるようですが、この一年間の無病息災を願ってのお祭りと言うことはどこの地域でも同じようです。

また、地域によっては「道祖神祭り」と一緒に行うところもあるようです。

信濃国「高山村」では9日に「どんど焼き」の準備が行われました。
地区によってはこの日にどんど焼きに点火したところもありましたが、多くの地区では「準備」までで、1月15日に点火してお祭りを実施するそうです。

関東では1月7日の「七草」に松飾りをはずして「どんど焼き」を催すところが多いですが、信濃国では1月15日に松飾りをはずすのが風習です。

とはいえ、少子高齢化ということもあり、近年、行事をまとめる傾向があり、どんど焼き・成人式を一緒に行う地域が少なくありません。

クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
タグ: 田舎 農村 高山村



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ