2014/5/31  21:30

KATOキハ58にスノープロウを取り付ける  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

お手頃な価格で人気のあるKATOキハ58系。

クリックすると元のサイズで表示します

細密指向のかたはTOMIXのHG仕様がお好みのようですが、価格もHG(^^;。
手軽に楽しむにはやはりKATOです。

筆者は、ホロを取り付けたり、カプラーを交換したりするなど、カスタマイズしていますが、先日、このようなAssyを見つけ、購入しました。


クリックすると元のサイズで表示します

スノープロウです。
新潟色用となっていますが、国鉄色にも使えることは間違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します

構造は至って簡単♪
台車マウントのカプラーポケットにパチッとはめ込むだけです♪

クリックすると元のサイズで表示します

さっそく、パチッ♪
はい(^-^)、できあがり(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、わがNワールドのキハ58系のうち、車端部用の何両かは、カプラーを車体マウントにカスタマイズしています。

この場合、カプラーポケットをカットしてあるため、そのままではスノープロウが付きません。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、スノープロウをデザインナイフとニッパーでちょぃちょぃとカット加工します。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、カプラー下部にゴム系接着剤でペタ♪
はい、できあがりです(^-^)/

さっそく記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

信濃国でキハ58系というと、飯山線とか小海線というところでしょうか。
もちろん国鉄時代ですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

左が台車マウントカプラー車、右が車体マウントカプラー車です。

クリックすると元のサイズで表示します

台車マウントカプラー車。
さびしかった下回りが少しマシになりました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

車体マウントカプラー車。
機会があればジャンパ栓などを追加カスタマイズしてみたいものです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

実感目線 縦撮り(^-^)/
スノープロウの高さが、台車マウントカプラー車よりほんの少し高くなりますが、超接写で鑑賞しない限りわからないと思います(^^;

こうしてキハ58とキハ28の全車にスノープロウを取り付けました(^^)

めでたし、めでたし♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ