2014/5/28  8:00

旧篠ノ井機関区  貨物列車・貨物駅

いつも遠くから様子をうかがっていた「塩尻機関区篠ノ井派出」
はじめて、近寄ってみました(;^_^A

と言っても、構内は立入禁止ですので、周囲の道路からの見学ですが…(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

広い構内に機関車がポツリ…。

筆者は国鉄時代の篠ノ井機関区を見たことがありませんので、当時の様子は知りませんが、現在はとっても静かな場所です(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

お昼寝中のブルーサンダーちゃん。
いびきが聞こえそうです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

向こうにはロクヨン重連とDE10。
すでに夕方の1789列車が組成されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、これが1789列車。
日の長い時期しか撮れません。

クリックすると元のサイズで表示します

Nで再現(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

大きな詰所。
かつてはたくさんの職員が働いていたのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

機関区の横を通過する「しなの」

今回、10分ほどココにいましたが、職員さんの姿を1回も見ることはありませんでした。

周囲の道路を走る自動車の音、近くの河川の水の音、野鳥の声…
機関区の中からは作業をする音は聞こえず、静かな時間が流れていました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ