2014/2/28  21:00

トキ・トラにシートロープをかける  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

2月下旬に発売になり、リンク先のブログ様でも話題となっているトキ25000とトラ45000の「積載用積荷」

Assyで積荷のみも発売になったことから、積荷無しを持っているユーザーにはタイヘンありがたいパーツとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

この「積載用積荷」は「シート」です。
トラックもそうですが、一般的には積荷にはシートをかぶせます。
そしてそのシートにはゴムひもやロープが付いていて、車体側のフックなどを使って固定します。

今回のトキ・トラの積載用積荷ではシートローブは省略されていますので、これを表現してみることにしました。

すでにoomoriさんちで方法が紹介されてますが、筆者も同じような事を考えていました。

使用する素材は同じですが、方法が少々異なりますので、ご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

用意したものは裁縫用の「木綿糸」です。
「太口」を用意しました。
「細口」というのもありますが、これは細すぎるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、糸の端をテープで荷台に貼り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、車体に糸を巻いていきます。
と言っても、焼き豚のようなグルグル巻きではなく、アオリの支柱の下部にひっかけて、折り返すようにします。

クリックすると元のサイズで表示します

車体にグルグル巻きの方が簡単なのですが、真横から見たとき、車体下部フレームにもロープがかかっているように見えてしまうので、この方法をとりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じにクロスさせて巻きました。
巻き方は不自然でなければ何でもアリだと思います。

巻き方を変えることで個性が出せるのではないでしょうか(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

巻き終わったら糸の終端部をテープ止めして、余分な糸をカットします。

クリックすると元のサイズで表示します

積載用積荷(シート)を載せてできあがり〜(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

トラにも同様にシートロープをかけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、黒い車体に黒いロープでは目立ちませんね(;^_^A

とりあえず記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

トキはシートロープがあると引き立ちますね〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

トラは、やはりビミョーですね(;^_^A

この「シートロープ」、1両あたり3分ほどでできます。
まさに「安い・早い・簡単」の三拍子\(^^@)/
水も火も使いませんし、レンジでチンしなくてもOK♪(^^;)\(--;)どんな工作じゃ!
寝る前のちょっとした時間にも施工できます

次回は、この「積載用積荷」をウエザリングしてみたいと考えています(^-^)/



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ