2013/10/31  22:00

KATO 20系客車に車間短縮ナックルカプラーを取り付ける  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

KATOの「車間短縮ナックルカプラー」をいろいろ試すシリーズ。

今回のお題は、20系客車です。

クリックすると元のサイズで表示します

これまで20系の丸いオデコの緩急面には「かもめナックル」または「シンキョーカプラー」を装着していました。


クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ミョーにウデが長く、ちょっと気になっていました。
「シンキョーカプラー」に交換した場合、多少はウデが短くなりますが、不十分でした。

というワケで、「車間短縮ナックルカプラー」を試してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

「かもめナックル」に替えて「車間短縮ナックルカプラー」登板です(^-^)/

このところ、車間短縮ナックルカプラーの採用により、かもめナックルの余剰が増えてきました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか良い感じになりました。
これが適切ですよね(^^)

奧のカニ21はシンキョーカプラーです。

クリックすると元のサイズで表示します

さっそくKATOのEF65PFと連結してみます。
カプラー高さはピッタリです。

連結面間隔も縮まり良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

R249 S字カーブ通過テスト。
支障なし♪

よって、20系の丸いオデコの緩急面には「車間短縮ナックルカプラー」を採用決定です。

クリックすると元のサイズで表示します

カニ22、カニ21、ナハネフ22。
3両とも「車間短縮ナックルカプラー」を取り付けました。

めでたし♪めでたし♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ