2013/10/28  19:00

KATO EF15に車間短縮ナックルカプラーを取り付ける  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

今回も「車間短縮ナックルカプラー」の使用実験です(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

お題は、KATO EF15標準型です。


クリックすると元のサイズで表示します

この機関車はCSナックル仕様で、先台車と主台車が一体になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

交換作業の写真は都合により省略します。
無加工で「車間短縮ナックルカプラー」が取り付けられましたが、カプラーが首を振らなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

EF15と言えば貨物用。
KATOカプラーNの2軸貨車と連結してみると大きな段差が発生してしまいました。

これでは勝手解放の危険性が高くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

平坦線ならけん引できるので、R249の通過テストです。
重量の軽い貨車の方がわずかに浮き上がり、ちょっと苦しい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

R249 S字カーブ通過テスト。脱線しました。
あ、写真のテロップに誤植がありますね(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

今度はR282 S字カーブ通過テストです。
これまた脱線です。

以上のことから、EF15・EF16には「車間短縮ナックルカプラー」は不適合と判断しました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ