2013/10/25  23:00

行け!無理!(ゆけむり^^;)  鉄道模型(いろいろ)

筆者は、原則ユニトラック派です。
と言うのも、かつてHOを楽しんでいたころ、カツミの金属道床線路をすべて処分し、HOユニトラックにシフトしたことがありました。

Nに入門するにあたり、当然のようにユニトラックを選択しましたが、近年はカントレールや橋梁などはファイトラックにするなど、両者を併用しています(^^)

ところで、HOユニトラックって、ミョーにゲージが広く見えませんか?
元々HO(16番)はゲージが広いのですが、カツミの金属道床線路と比べても広く見えちゃいます。

HOユニトラックはジョイナーとレールがN用と共通仕様です。

クリックすると元のサイズで表示します

保線区のミス??(^^;
いえいえ、これがジョイナーとレールが共通だと言う証拠写真です(^^;

HOユニトラックのゲージが広く見えてしまう原因がココにあります
そう、レールが細すぎるんです。

とは言え、エンドウのレールシステムより格段に安価なので採用しているかたは多いようですね(^^;
タグ: Nゲージ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ