2013/10/11  21:30

TOMIX架線柱を塗装して上越線風にする  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

TOMIXの複線架線柱近代型。

クリックすると元のサイズで表示します

上越線の架線柱は、ビームが緑色なのが特徴ですので、これを手軽に塗装してみることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

この架線柱は、支柱とビームが別パーツになっていて塗装するには好都合です(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

支柱はつや消しグレーで塗装します。

クリックすると元のサイズで表示します

ビームは100円ショップの缶スプレー「グリーン」で塗装します。
これはツヤありなので、乾燥後に「トップコートつや消し」をスプレーしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

組み立てました〜♪

欲を言えば、碍子(がいし)は白で色差しすべきなのですが、細かいことは気にしないようにします(^^;

これを卓上レイアウトのカントリーカーブに設置すると…

クリックすると元のサイズで表示します

どうです、上越線らしくなったと思いませんか?(^^;

ちなみに、カーブ外側にも鉄路柵(ワイドPC純正品)を設置しました。

次回は列車を置いて撮影しまーす(^-^)/



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ