2013/5/21  19:00

今年初めてのオバステ詣で  篠ノ井線

今年になって初めて「姨捨(おばてす)」に行って来ました。

比較的「近場」の部類に入るオバステですが、すっかりごぶさたしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

近年、観光客が増えた「姨捨駅」
開業当時の姿に復元された駅舎がステキです。


クリックすると元のサイズで表示します

ここは無人駅ですが、出札口と荷物扱い窓口も復元されました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅横では、公衆トイレの建設工事が行われていました。
観光客が増えたため、市役所が発注したようです。

クリックすると元のサイズで表示します

定番の場所で383系特急「しなの」
この日は晴れていたのですが、空がスッキリせず、遠景がぼやけています。
PLフィルターを使っていますが、あまり空はキレイに写りませんでした。

と言うか、レンズ保護フィルターの上からPLフィルターを装着したので、四隅にケラレが出てしまいました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

3月16日のダイヤ改正で、天竜峡発313系快速「みすず」が松本止まりになってしまい、長野まで来なくなってしまいました。

その代わり上りには、313系時代とほぼ同じスジで松本行きの快速(愛称なし)が設定されましたが、これがE127系だと言うことは今回初めて知りました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

この快速列車も313系時代同様に姨捨駅停車です。
複数の観光客が下車して来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ワンマン化に伴い設置されたミラー。

クリックすると元のサイズで表示します

昔からある「投句箱」

クリックすると元のサイズで表示します

長野行き普通列車が入ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨駅でE127系が並ぶ…
ちょっと前まで考えられなかった場面です。

クリックすると元のサイズで表示します

デジタル方向幕には「ワンマン」と表示されていますが、車掌さんが乗務していました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

今度は「姨捨公園」に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

善光寺平が眺望できるこの公園は、篠ノ井線の有名撮影場所でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

眼下に広がる善光寺平の風景。
空がスッキリしないのが残念です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから、長楽寺と棚田も見えます。
棚田には水が入り、もう少しで田植えが始まるころです。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは383系特急「しなの」
わずかに手ぶれが…。
ん〜、構えが甘いのか…、減点ですね。
と言うか、ISレンズなのに、なぜ???

クリックすると元のサイズで表示します

公園の四阿(あずまや)に腰掛けて、木々の間から遠くを見ていると、タキタキの接近が確認できました。

クリックすると元のサイズで表示します

トリミングしてみました。
姨捨公園からは、接近してくる上り列車が確認できるため、便利です。
あと約5分で姨捨公園前を通るハズです。

クリックすると元のサイズで表示します

来ました来ました♪
根岸行きタキタキ♪

クリックすると元のサイズで表示します

EH200 4号機+タキ1000×12両です(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

EH200の力強いサウンドが姨捨の峠に響きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ピカタキ発見♪

クリックすると元のサイズで表示します

お昼のタキタキは時刻に変更がなかったらしく、以前のとおり、姨捨停車です。

いつのまにか下り線にE127系も入っていました。
長野行き???、さっきの長野行きが出てから30分もたたないのに????
田舎ですから、1時間に2本の普通列車はあり得ません(;^_^A

デジタル方向幕を見ると「試運転」と表示されていました。
ふむふむ、納得。

クリックすると元のサイズで表示します

至近距離でタキ1000見放題♪♪

クリックすると元のサイズで表示します

本線を通過する下り特急「しなの」

クリックすると元のサイズで表示します

ほどなくしてタキタキが発車。
つづいて試運転E127系も発車。

クリックすると元のサイズで表示します

峠を駆け下りるE127系。

久しぶりのオバステ…
今度はもっと空がスッキリしているときに来たいです(^-^)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ