2013/4/22  22:00

EF64新更新色を追加配備する  鉄道模型(配備記念撮影)

先日、中古ショップを廻っていたら、お買い得なKATOのEF64 1000番台 新更新色(大宮更新色)を見つけました。
価格がお手ごろというコトもあり、ロクヨン病の発作がおきて、お買い上げです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

車体も下回りもキレイなのですが、ユーザーパーツの一部が取り付け済みと言うコトでランクが低くなっていたのです。

EF64 新更新色や広島更新色は人気の車両のため、中古市場ではランクの高いものは定価に近い価格が付く場合があるようです。


クリックすると元のサイズで表示します

それが今回、ずいぶん安価に購入することができました♪

ところで、中古市場では、新便同様・未開封というモノがけっこう出回っていますが、中古市場に出すことを前提に新品の買い物をしているユーザーがいると言うコトなんでしょうか…(?_?)

それとも、新品販売店が長期不良在庫品を中古とし中古ショップに出しているのでしょうか?
または、閉店や倒産するなどした店舗の在庫品が処分として出されているのでしょうか…。

車体や下回りに問題がなければ、ユーザーパーツが取り付け済みという理由で安くなっている車両は「お得」と思うのですが(^^)v

さてさて、前置きはこれくらいにして、さっそくカスタマイズです(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、いつものように車体とシャーシの分離です。
運転室天井のパーツはずしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

運転室・機械室・天井パーツをタミヤXF-71「コックピットカラー」で塗装します。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾くのを待つ間に車体の作業を行いますが、今回のロクヨンは、前オーナーによってナンバー以外のパーツが取り付けられています。

しかも、ちゃんと付けられていますので手直しは不要、これは楽々ですd(^-^)

でも、なんでナンバーだけが未取り付けなんでしょ(?_?)
不思議です(;^_^A

もしかして、前オーナーは手すり、信号炎管、無線アンテナ、避雷器、GPSアンテナの取り付けに難儀して、模型人生に疲れてしまったのでしょうか…(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ナンバーは1024号機としました。

クリックすると元のサイズで表示します

コックピットカラーが乾いたら、運転室のシートを色差しします。
ほとんど見えない箇所ですが、自己満足の世界です〜(^^;

つづてカプラー交換です。

近年のKATOの電気機関車は、スカートのカプラー開口部の形状の関係で、カプラー交換がしにくくなっています。

説明書に従って交換すると、カプラー復元用の板バネを破損するコトが多々あります。
これを避けるため、筆者は独自の方法でカプラー交換を行っています。

クリックすると元のサイズで表示します

シャーシからスカートをはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

スノープロウとアーノルドカプラーをはずします。
そのさい、板バネの破損・変形に十分注意します。

クリックすると元のサイズで表示します

付属のナックルカプラーをセットします。

クリックすると元のサイズで表示します

スカートの裏からカプラーを通して…

クリックすると元のサイズで表示します

スノープロウをスカートにはめ込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

スカートをシャーシにもどします。

この方法を使うと板バネを破損・変形するコトが少なくなります。
慣れれば、確実にカプラー交換ができるようになると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組む前に天井パーツの取り付けを忘れずに…d(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

車体とシャーシのエンドを確認します。
車体天井のくぼみと、シャーシ上部の集電板おさえ(?)を合わせるようにするが簡単な見分け方だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組んで、できあがりです(^-^)/

では、機関区のレイアウトで記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

EF64 1024号機、配備できました(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

過去に新車配備した2両と合わせ、新更新色は3両になりました(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

ロクヨンセン三重連♪

同じ機関車を複数配備してしまうのは、機関車好きの悲しいサガなんでしょうか…(;^_^A
タグ: Nゲージ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ