2014/9/22  21:00

貨車の倉庫  情景・風景観察

今回も過去記事を再編集してお送りしていますm(__)m


高山村内のあっちこっちで見かける「鉄系倉庫」(^^;

ここは鉄道のナイ村ですが、貨車やコンテナの倉庫がけっこうあるんです(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

この「ワラ1」は県道沿いの畑にドンと置いてあり、目立ちます(^^;

このほかワム80000の倉庫も目撃したことがあります。
コンテナもしばしばみかけますが、ほとんどが宅地内(庭とか)なので撮影はしていませんが、C21・18Cを見たことがあります。

そして、以前から気にしていた「倉庫」がありました。


クリックすると元のサイズで表示します

ワラ1??
ん〜、わかりません。
しかも白線??
何ですか?これは?

以前から不思議に思っていたこの貨車倉庫、思い切ってこのお宅(商店でした^^;)を訪ねて写真を撮らせていただきました。

よく見るとワム60000。
「長」マーク。
「配給車代用」の文字?????

ご主人さんの話では昭和59年まで長野で活躍していた貨車だとか…。
その他ワフやワム80000も売り出されていたのですが、コレにしたとか…
って、ご主人、かなりの「鉄」でした(;^_^A
お家のなかには鉄道グッツが山盛りになっていました(@_@;)
商店と言っても、今は飲み物の自販機があるだけで、「元商店」という感じでしたが、店内のソファーは、なんと80系電車のもの(@_@;)
長野工場の部品即売会で購入したとか…
恐れ入谷の鬼子母神m(__)m

さて、この白線ワム、ネットで調べたら、なんと実在の貨車でした(^^;
てっきり白線はご主人さんが勝手に描いたと思っていたんですが…(^^;

配給車として貨物列車に連結され、活躍していたようです。

そして後日、県道沿いで、なんともう1台目撃しちゃいました(^^;。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ村内に2台も存在するなんて…。

ちょっと感動です(^^;

そうなるとNで欲しくなりました(^^;

調べると河合商会から製品化されていたようですが、果たして在庫があるかどうか…

ショップに注文してみると、時間はかかるけど入荷可能とのコト。

クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん月日が経ち、ようやく入荷。
カプラーをKATOカプラーNに交換して、わが2軸貨車集団(^^;)の仲間入りをしました(^-^)/

と言うわけで、ビデオもどうぞ(^-^)/
この配給車代用ワム60000を連結し、国鉄時代の貨物列車をイメージして撮ったビデオです。

タグ: 田舎 農村 高山村



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ