2009/9/7

魚竜の背ビレを破壊せよっ!  MHF日記(HR31〜)

狩猟報告書/HR61


入魂祭であるにもかかわらず
ソロで魚竜種と闘っていた。
獲物は上位ドスガレオスである。

クリックすると元のサイズで表示します

剣士用防具を完成させるべく
上位ドスガレオスとソロで闘い始めた。
狙いの素材は「砂竜の桃ヒレ」である。
無論、1回の死亡でも恥ずかしいくらい
余裕を持って討伐可能なモンスターである。


武器は先日完成した白薙猿【ドドド】を持ち
シュモクザメに似たこのモンスターの
部位破壊&捕獲を繰り返した。


ドスガレオスの部位破壊といえば
背ビレになるわけだが、腹下からでも
ダメージが加算されるため楽に破壊できた。


ドスガレオスの動きを見極めつつ
尻尾のぶん回しを足元でやりすごし
縦斬り&斬り上げでHitさせていると
背ビレがボロボロになり、部位破壊達成となる。


装備していた武器が少々強かったこともあり
うっかり討伐してしまったこともあったが
よくある事だと自分を納得させている。


そうして集めた素材を使い、防具を強化し
現在、雷電が装備している剣士用防具は
以下の通りである。


ハイメタUヘルム
ガノスSメイル
タロスUアーム
ガレオスSフォールド
タロスUグリーヴ
怪力珠×4、研磨珠×4、強精珠×1

発動スキルは
高級耳栓/ランナー/体力回復アイテム強化
攻撃力UP【大】/砥石使用高速化


強いとも弱いとも言えないが
それなりの防具であると感じる。
剛力珠を使わずに済むのがポイント。
バケツマンと言われようともかまわんのだ。


他の魚竜種「水竜」ことガノトトスは
ライトボウガンで闘った。

クリックすると元のサイズで表示します

何度も水中に逃げるガノトトスは
ガンナーの方が効率的だと感じたからだ。
言うまでもなく背ビレの部位破壊も容易だった。


繚乱の対弩を装備した私にとって
上位ガノトトスは恐れる敵ではない。
雷電の一方的な攻撃であった。


ところが、武器指定のクエストにおいて
ランスで倒せと言われるとまた強敵になる。
武器が変わるだけでこうも違うのかと
慣れない武器に四苦八苦した。



さて、防具の話に戻るが
上記の装備を作成するまで愛用していた
イーオス防具一式が倉庫に眠っている。


作成したタロスUグリーヴの代わりに
イーオス防具足をイーオスSに強化して
旅人珠を4個(武器スロット使用)を装備すると
また異なるスキルが発動する。


対テオ・テスカトルやナナ・テスカトリとしては
地形ダメージ【大】が発動できると良い。
炎を纏った古龍と闘うのは、かなり厳しい。


ランナーのスキルが消えたり
攻撃力UP【中】になっても
あのジワジワと体力を削られる炎から
雷電の身を守ることを優先させたいところだ。


足防具を交換するだけで心強いスキルが発動し
イーオス装備はすでに持っているという利点もある。


現在金欠状態の雷電にとっては非常に嬉しい。
私のような太刀使いのハンターさんは
選択肢のひとつに入れていただければと思う。



剣士用防具が完成した後は
猟団の方々と入魂を目的としてクエストを消化し
雷電のHRも60を突破した。個人の入魂数も
300を超えたようである。


それにしても狩人祭というのは
良くできたシステムだなと感心する。
モンスター狩猟数=ポイント=褒賞なのである。


猟団毎にランダムに紅竜組、蒼竜組に分けられ
1週間かけて勝敗を争うのだから気合もはいる。
ちなみに私は紅組となっている。


狩猟モンスター毎に入魂数は設定されているが
時間限定でシークレットクエストが設定されており
通常の3倍程の入魂数を得られることもある。
それを見つけるのも楽しみのひとつなのだろう。


入魂数を稼ぐついでに、PTでモンスターに挑戦し
モンスターの動きを学習中の雷電だが
いずれソロで挑戦するモンスターなのだから
PTにご一緒させてもらえる機会があるうちに
私の脳に記憶させておいて損はないだろう。


まだまだ苦手モンスターが多数いる。
当面の目標としてはソロで古龍討伐をしたい。
下位テオと下位ナナを倒せるように
日々精進しようと思う。


雷電のHRが60を超えても
操作する人間が入門区なのだ。
上級ハンターへの道は長いのである。


それでは皆様
Have a nice hunting day (´∀`)b
2
タグ: MHF

2009/9/2

未知との遭遇に  MHF日記(HR31〜)

狩猟報告書/HR51


公式試験のミラボレアスに挑戦した。

クリックすると元のサイズで表示します

MHFにおいて、未知のモンスターと戦うことが
非常に恐怖を感じるようになってきた。
今回戦うことになったミラボレアスも
今まで一度も遭遇したことは無い。


高まる好奇心と恐怖心を抑えつつ
団長と副団長、そして相棒に協力してもらい
この試験に挑むことになった。


戦う場所はシュレイド城。
この場所もまた初めて踏み入るエリアだ。
アタフタしている間に試験開始である。


ガンナー4という構成でミラボレアスを
取り囲み、部位破壊を狙いながら
弾を撃ち込み続けた。


試験開始前に団長から麻痺弾の使用について
アドバイスを貰っていたので
相手の動きを見ながら麻痺弾Lv2を調合し
ミラボレアスの羽や頭にHitさせていくと


メインターゲット達成の告知


意外とあっけないものだった。
勿論協力してくれた団長達のおかげなのだが
先日挑戦したエスピナスの異常なスピードや
ラオシャンロンの圧倒的な巨大さのほうが
私には衝撃的だったように思う。


ともあれ、無事に試験を合格することができ
いよいよHR51以上の世界へと
足を踏み入れていくことになったわけである。


そこで団長からお誘いがあり
金銀クエストのアクラ・ヴァシムに
挑戦してみることになった。
これまた初見モンスターである。


そしてクエストスタート。
砂漠エリアにてアクラ・ヴァシム登場

クリックすると元のサイズで表示します

サソリじゃないか。
私はてっきり龍だと思っていたぞ。



このモンスターの特徴は属性攻撃が
通用しないことと、頭、爪の部位破壊後でないと
尻尾が切れないことである。


正直なところ、このモンスター苦手である。
高速で回転する攻撃や、時限爆弾
空中からのプレスがかなり危険だった。
もっとも、私の防具がプラスチックくらいの
防御力しかないからかもしれないが。


副団長が狩猟笛を使って強走状態にしてくれることで
双剣を装備した私と団長は
アクラの足狙って乱舞&乱舞であった。


それにしても動きが読みにくいモンスターで
それなりに隙はあるが、攻撃回避が難しかった。
2回目の挑戦で、倒すことはできたのだが
尻尾を切断するまでには至らなかったのが悔やまれる。
リベンジを誓って、昨日はログアウトした。



ログアウトしてからは、防具の調査時間である。
雷電の防具類も少しずつではあるが
強化が進んできている。
最近はボウガンを持つことが多いので
優先してボウガン装備を強化している。


スキル発動を軸に考慮し、外見は気にしない。
私はバケツが大好きなくらい変わった嗜好だからだ。
ここで問題になるのが装飾品の装着つまり
スキル発動に重要な【剛力珠】の作成である。


Wikiや先輩ハンターのブログ等を拝見すると
「ギャラリー回し」という作業で得られるらしい。
はて・・・なんだろうか。


マイギャラリーは今までほぼ手をつけていない。
むしろ何に使うのか良く分からない状態である。
そこで情報収集をしてみた。
どうやら景品に剛力珠があるらしい。


しかしそこで問題があることに気付いた。
雷電は常に金欠状態なのである。
このギャラリー回しには金がかかるのだ。


1回のギャラリーセットに6万以上の資金が必要
しかし必要な剛力珠は多数である。
また、必ず剛力が貰えるというわけではないらしい。



(´・ω・`)うぬぅ。困ったな。



とりあえず現在の資金で数回やってみようと思う。
結果はまた後日、狩猟報告書にて記載する。
本日から狩人祭のため、入魂数を稼ぐためにも
大型モンスターを討伐しなければb



ここで現在使用している太刀と
Next Levelへの強化素材をメモしておこうと思う。
偶然にもこのブログをご覧になっている方で
私と同じような太刀を持っているならば
参考にしていただければと思う。


■■■■■太刀強化メモ■■■■■

@鬼神斬破刀(攻撃768 雷490)
⇒鬼神斬破刀【極】への必要素材
・ユニオン鉱石×14⇒上位塔で採掘(修羅原珠も採掘)
・アルビノの霜降り×4⇒フルフル上位
・祖龍の角×1⇒ミラボレアス亜種

A白猿薙【ドドド】(攻撃864 氷350 会10%)
⇒白猿薙【ドドドド】への必要素材
・牙獣種の重牙×5⇒凄腕素材
・草食種の上皮×18⇒凄腕素材
・氷冷袋×3⇒凄腕素材

B烈火(攻撃624 火180)
⇒焔ノ閃への必要素材
・溶岩竜の上ビレ×1⇒上位ヴォルガノス
・轟竜の尻尾×1⇒上位ティガレックス
・青怪鳥の堅殻×20⇒上位イャンクック

C飛竜刀【翠】(攻撃624 毒290)
⇒飛竜刀【葵】への必要素材
・カブレライト鉱石×18⇒上位密林で採掘
・雌火竜の上棘×1⇒上位リオレイア亜種
・雌火竜の紅玉×1⇒上位リオレイアor亜種

D龍刀【焔】(攻撃720 龍350)
⇒龍刀【紅蓮】への必要素材
・老山龍の角×3⇒下位ラオシャンロン
・炎王龍の角×5⇒下位テオ・テスカトル
・紅蓮石×7⇒砂漠の交換爺と修羅原珠を交換

E水斬【壱段】(攻撃720 水180)
⇒水斬【弐段】への必要素材
・翠水竜のヒレ×3⇒上位ガノトトス亜種
・轟竜の尻尾×2⇒上位ティガレックス
・カブレライト鉱石×12⇒上位密林で採掘


それでは皆様
Have a nice hunting day (´∀`)b
0

2009/8/28

集めた先に何がある?  MHF日記(HR31〜)

狩猟報告書/HR44


最近Twitterというものが気になっている。
個々のユーザがキーワードを含むつぶやきを
することでそこから派生して云々
とのことなんだが、はて・・・
時間ができたらちょいと試してみようと思う。


自慰的ブログとして細々と続いている
狩猟生活日記こと「伯爵の作り方」だが
こんな記事でも読んでくれている方がいて
とても嬉しく思っている。


MHFの日記を、狩猟報告書として書いているので
今後は、日々の思考や胸の内を
若干であるが真面目に記載していこうかと思う。
と言っても、大した違いは無いだろけどもw



さて、雷電のHRが昨日44になった。
まことに順調であるが、早すぎる気もする。
私のプレイヤースキルが成長していないのだ。


猟団仲間とのチャットや
協力して倒す楽しさはプライスレスであり
私を入団させてくれた団長には
心から感謝している。


昨日も猟団員の方々と一緒に狩りをした。
あかねこの想い【繁殖期編】の
ガノトトス討伐も何度か消化し
順調に素材も集まっている。


近日中にあかねこ防具に必要な素材を
揃えることができるだろう。
まぁそこまで難しいクエストではない。
それよりもボウガン用装備を強化するほうが
優先順位は高い気がする。


猟団の方々と一緒にクエスト挑戦していて
昨日ふと思ったことがあるので書いてみる。



早めに仕事が終わり帰宅し、ビールを飲みながら
INしてみると猟団員のしゃふろさんがおり
レイアと戦っているとのことだったので
私も一緒に狩りに行くことにした。


しゃふろさんと2人でクエストに挑戦するのは
初めてだったかと思う。
正確に言えば、勇敢なラスタ2人
相棒デュアちゃんとめろむさんの分身もいたがw


彼(彼女?)はとても礼儀正しいハンターさんで
HRもぐんぐん成長している方である。
雷電が追いつかれるのも時間の問題だ。


私は昨日作成したあかねこガンを担ぎ
試し撃ちを兼ねて参加した。
私が太刀でも良かったのだが、そこはあえて
しゃふろさんに頑張ってもらおうと思った。


しゃふろさんと下位レイアを数回こなし
尻尾切断するのを「おぉ〜上手だなぁ」と
生暖かく見守っているうちに
さくっとしゃふろさんはHR22に到達した。


HR22から塔レウスに行けるようになるので
しゃふろさんに聞いてみたところ
下位レウスに挑戦することになった。


レイアは余裕をもって倒せたのだが
塔レウスが初めてなしゃふろさんは
「がんばりますっ!」と奮起していた。


しかし結果は、残念ながらクエスト失敗。
レウスから少し距離をとりボウガンを撃っていたが
近接武器を装備したしゃふろさんに
レウスの初見殺し3乙が炸裂したようだった。


広場に帰ってきたしゃふろさんは
申し訳なさそうにしていた。
その気持ちは痛いほど分かる。


雷電がHR22になって初めてレウスに行った時
相棒と一緒に2人で挑戦したのだが
私は、ハンターとしてひどい動きだった。
雷電が3回倒れて、クエストが失敗し
心がボキッと折れた。


「はぁ・・・下手だなぁ」
と画面に向かってつぶやいていた。
申し訳ない気持ちでいっぱいの私が
広場へ戻ると相棒が言った。



「リベンジするぞ!」



不屈の精神を持つ相棒と一緒に
MHFをプレイできていることを嬉しく思う。
そして、この精神をしゃふろさんにも伝えたい。
3乙してこそ得られる事もあるのだ。


倒したいと思う心こそ
凄腕ハンターへの近道なのだろう。
装備も効率も重要なのは分かる。


しかし素材を集め終わった時に何が残るのか。
MHFが素材を集めるだけのゲームだとは
思わないし、思いたくない。
私はコレクターになりたいわけじゃない。


武器やアイテムを揃えるだけなら
3年もプレイしてきたシルクのほうが
レベルも資金も余裕があるから集められる。
他プレイヤーにプレゼントするくらいに。


では何故、MHFに移住したのか。
己の力でモンスターを倒しにきたのだ。
つまり私にとっての目標とは



すべてのモンスターをソロで倒す。



これが私のMHFにおけるゴールである。
ゴールは果てしなく遠い
辿り着けない可能性のほうが高い
しかしそれもオンラインゲームの醍醐味なり。


それでは皆様
Have a nice hunting day (´∀`)b
2
タグ: MHF



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ