2009/3/17

長安黙示録 第6話  ニョロ現代

-第6話- 「蛇」



龍虎の咆哮は南門の上にいる二人にも
はっきりと聞こえた。
小七と王牛は、尋常でない殺気を感じ
噴水前にいる猛獣には気付いていたが。


「彼らもこの街にいたのか・・・」
小七は懐かしくもあったが
戦いに満ちたあの頃を思い出し
苦々しい気持ちでもあった。


「奴らもまだまだ若いのぅ」
突如二人の背後から声がした。


小七と王牛は飛び退いた。
まったく気配に気付かなかった。
珊珊は何故か老人と手をつないでいた。
「あんた・・・誰?」


「あなたも来ていたのですか!蛇爺」
「爺さん久しぶりだなぁ」
二人は警戒を解き老人と握手した。


「蛇」のコードネームを持つこの老人だが
本当の年齢を知る者はいないらしい。
知ってる者は、皆寿命で亡くなっているのだ。


小七も王牛も、この蛇爺には頭があがらない。
何故なら、二人の先生がこの蛇爺なのだ。
部隊に配属されてからというもの
この蛇爺が訓練生の教育を行っていた。


「ふぉふぉふぉ 精進しとるかぃ?」
蛇爺は弟子と握手するとニコニコ笑った。
そして三人は噴水へと視線を動かした。


「周虎と郭威じゃの」
「えぇ彼等に間違いないでしょう」
蛇爺はしょぼくれたその瞳で
自分の弟子が戦うのを見詰めている。


「ちょいと仲裁してくるかの」
そういうと蛇爺はひょいと門から飛んだ。
「ちょっ 蛇爺!!」
小七が止めようとしたが遅かった。


蛇爺はフワリと着地すると
スタスタと噴水へ向かって歩いた。
その先には二匹の猛獣が睨みあっている。


「ん?」
先に周虎が気付いた。そして郭威も振り向く。
「やぁ元気じゃったか?」
「せ・・・先生!?」


蛇爺を追って小七と王牛も噴水へ向かう。
珊珊は小七に抱えられ地上へ降りた。
「小七さん・・・あなた一体・・・」
彼氏の身体能力に驚いている場合ではない。
今日体験したこと全てが常識はずれなのだ。


周虎が「虎」を鞘へ納刀すると
郭威も戦意を解いた。
先生の前では二人の猛獣も仔犬同然である。


「ご無沙汰しておりました先生」
郭威が深々と頭をさげ蛇爺と握手をしている。
続いて周虎も一礼した。


「元気そうで何よりじゃよ。
 ところで、なぜ闘っておったのじゃ?」
周虎と郭威がうつむく。
「闘う理由が無いなら仲直りせぃ」


そう言うと蛇爺は二人の手を取り
互いに握手させた。
蛇爺の顔には満面の笑顔が戻った。


蛇爺が現れたことで郭威は疑問に思った。
周虎だけではない。小七と王牛までいる。
偶然にも長安に現れた仲間達を見渡し
疑問は確信へと変わる。


聖闘士と呼ばれた戦士たちが召集され
この長安で何かが始まろうとしている。


郭威がその事を蛇爺へ伝えようと
口を開きかけた刹那
北の皇宮から叫び声が響いた。


雨も弱まり、長安の街に夜が訪れる。
闇を切り裂く悲鳴が
小七達の足を皇宮へと急がせた。


-第6話- 完


「ニョロ現代」3月17日号掲載
著者:谷野伯爵
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ