2008/9/25

希少種認定だけはイヤッ!  シルク日記

伯爵キャッスル(自宅)から
車でちょちょーいと行ったとこに
某大型スーパーのコ○トコがありまして
先日買い物に行きました。



以前に会員になっていたので
スムーズにお店にINして、でかいカートを
ガラガラしながら進んでいったわけです。



狙いの獲物はファブリーズ(特大)なのですが
まぁ〜それ以外にも誘惑&誘惑な品揃え。
体格がアメリカンサイズな私にぴったりの
食品の数々が陳列されておりまして
1時間以上ウロウロしてました。
そこで私のセンサーに反応あり。





「この感じっ 牛かっ?!」
(゚Д゚ )キュピーン





お肉売り場でカートを止めてブロック肉を凝視し
捨てられた子猫のような眼差しで
「これ買ってもいい?」
と奥様に伺うのは、もうデフォルト。



当然の如く、kg単位のブロック肉なんぞ
買ってもらえるわけがないんですが
代わりに缶コーラいっぱい買っちゃった♪
これでしばらくはウイスキーコークが
満喫できそうです(・∀・)☆





( ´_ゝ`)ノ ヤホー





さてさてお嬢ことイヴォンヌさんですが
先日コツコツ進めていたシャイタンクエを
無事に完了いたしました(  ̄∇ ̄)



手伝って下さった青ドン先生焔翠さん
ありがとうございました♪



焔翠さんにはロッキージャンボリー狩りも
お手伝いしていただきましたうえに
葉っぱ集めしてる間に守護ロッキーまで
面倒みてもらいまして、本当に



サンベリでしたヽ(  ̄∇ ̄)ノ☆




シャイとのバトルなのですが
イヴォンヌは力極キャラだったので
シャイタン爺ちゃんの攻撃がいてーいてー。
HPゲージがイコライザーでしたよ。



しかしそこは私の頭でちょいと考えて
スキン発動中は斧でベチベチ
ディレイ中は剣盾持ってペチペチな感じで
死亡することもなく爺ちゃん昇天させました。



バトル中は、私もシャイと戦うレベになったのかぁ
と感動しながらクエを楽しみました。
ちょっと前まで80代後半なんて
雲の上の存在だったのになぁ。



3キャラ9級にする時間があれば
1キャラカンストしてたかもしれんけど。
まぁ、それはそれでいいんです。



久しぶりにやったクエストの報酬と
キャンペーンで貰った巻物のおかげで
88Lvまで手が届くとこまで成長したわけですが
シャイクエ進行中にマスタリLv上げちゃいました。
81〜84に上げるだけでSP10万くらい消費したぞ。



スキルポイントもお金と一緒で
貯めるのは苦労するけど
使えば一瞬で消費。

なんだか清清しい気分でもありますが



マスタリ差を縮めたことにより
SP地獄に踏み込んだようです。



予定では現在のマスタリ84を維持したまま
90レベルを目指す感じですかね。
B4で活動するには90スキルがネセサリーなのですが
SPがあと25万程必要になりますので
また地道に貯めるとします。



先輩方がロック山でSP貯めたのに比べれば
今はどれだけ楽になったことか。
シャイクエやって感じたのですが、今ロック山は
山全体がスラム街ですよ。



数ヶ月前まで激混みエリアだったのに
無法地帯の如くMOBがウヨウヨ。
異常繁殖してて手がつけられんっ!

アタッカPTは1組いたかな。
頑張って1匹でも多く駆除してくらはいな。



メールマガジンによれば
10月くらいに大型アップデートがあるとかないとか。
おそらく怪鳥ロックの導入でしょう。
そしたらまたスラム街がプレイヤーで溢れるのかな。



現在はB4が最上級の狩場になっているので
蒼鬼キャラの方々と同じPTになる可能性もあり
ちょっと緊張するとかしないとか。



とは言っても、自分でPTM立ち上げるのは
90レベ超えてからでしょうね。
今の私がB4参加するとしたら
青ドン先生に拉致されての参加となるはずです。



「イヴォ 今からB4来なさい」
「はっ・・・はいっ!」



私はマスターからドM認定されてますので
このくらい日常茶飯事ですよ。
(-ω- )フフン♪



B3ニョロ狩りでご一緒していた方々も
すでにB4で活動しているみたいなので
私もはやくB4でウォリしたいです。



B4PT参加の際には、くれぐれもPTの方々から
【希少種認定】されないように
しっかりと役割果たしたいと思います。

【希少種】
PT狩りにおいて御一緒したくない
プレイヤーであり、尚且つ
メンバーからの注意も聞かない者




崑崙鯖で信頼度No.1ウォーリアの座を目指して
今回はこのへんで。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ