2008/6/27

自己主張は大きくハッキリと!  シルク日記

読み続けていた漫画の最終巻をついに購入し
晴々とした気分になっております。
その漫画ってのは「金色のガッシュ」なんですが
作者の方が最近イロイロともめてるようですね。
漫画家さんも大変ですな。


大変なのは漫画家さんだけでなく



また島流し計画が発動しそうで
来年の予定が立てれない私もだっ!
(;´Д`)






今年の3月まで島流し(九州出張)で
地元を離れて10ヶ月程仕事してたわけですが
まーた別件で島流しになりそうなんです。
まさにうちの会社の人事は





サプライズ人事(*´∀`*)♪
奥様ごめんね ....orz...






( ´_ゝ`)ノボンジュール






さて、来年の話なんて来年になって考えるとしまして
今日もツラツラと妄想日記を書いておりますイヴォンヌです。



今日はプレイヤーの大多数が使っているであろう
【PTM】パーティーマッチング
について書いてみたいと思います。



PTMってのは、私がシルクやり始めた時は無かったんですよ。
そりゃもう街中で白チャが飛び交ってましたね。
私は専ら誘ってもらう側でしたけどね。



中華キャラは基本的にソロPTで狩りですから
みんな4人揃えるのに必死でしたね。
今はPTM出しておけばOKだし、いい時代になりました。






今シルクにINすると
必ずPTMの画面を確認して、衛兵PTが空いてないか



「私を必要としているPTないのっ?!」



と急ぎ気味でPTを探しております。
ウォリと釣りの席なんてPTに1個ずつしかないから
もぅ必死ですよ。




でもやっぱりINする時間によっては
PTに空きがないんですよね。
そんな時、私が取る行動は





@PT狩りの場所へ急行

A先客には「家政婦は見た」級の監視

B挨拶(暇ですオーラを出しつつ)

C満席なら他の場所へ移動

D狩場が空いてればPTM登録




といった流れでPT狩りを開始できるよう
行動しております。





最近衛兵PTは狩りをしてる方が多いようで
わりとスムーズに集まります。
時には何時間も待つこともあったりなかったり。
そんな時にふと思ったのが





PTMのコメントに、何て書いたら
上質なソルジャーが集まるのか?!






基本的な情報としては
■狩り対象のMOBは何か
■どの職を募集しているのか
■募集するレベルの範囲



がネセサリーな情報ですね。
PTM画面を開いた時に、プレイヤーの方々に



ア・パッション☆



を与える募集コメントを書ければ
屈強なソルジャーが集まると思います。





元グリーンベレーで有名な
ジョン・ランボーでも参加してくれれば
PT8人も要らんけどな(・∀・)





と、ここまで書いてきましたけど
結局のところ募集コメントで重要なのは
「何を狩るんだが、○○職いない?」


だと思うんですよね。
これさえハッキリ分かれば、無問題ではないかと。



私のアイデアとしては
対象MOBを【 】で括ったり
募集職を○○様とかしてみたりしてます。



一番多いのは
語尾を「○○でござる」にしてる事
(`・ω・´)




なぜ武士語かは秘密





募集コメントは個性が出ますので
皆様も独自のコメントを考え出して
屈強なソルジャーとお友達になってみてはどうでしょう。




もしかしたら
シュワちゃんとか、スタローンが
参戦するかもよ?(・∀・)b





ハリウッド俳優がネトゲしてたら
超うけるんですけど、今回はこのへんで。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ