2018/3/11  0:52

3点式給湯システム  実践、実務、競売不動産
3点式の給湯システムにするためには現在配管のきていない洗面台の床をめくり


外に設置する給湯器から新設しなくてはいけません。


キッチンにも配管はありませんが、給湯器のすぐ近くということもあり床をめくっての配管工事はありません。


配管工事や床の張替など必要工事が増え、単純な給湯器交換だと15万か40万弱に


値段が跳ね上がることになりました。


入居者確保に苦労する不動産ではありませんので、以前の私なら単純な給湯器の交換でリフォーム費用を節約していたと思いますが、


今は少しだけ経済的なゆとりもできましたので先行投資ということで、3点式の給湯システムにリフォームすることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



3点給湯システムの

リフォーム前と後では、見た目は変わりませんね。

クリックすると元のサイズで表示します



私のメインホームページ
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
所有物件の詳細や不動産投資成功のノウハウを紹介してます。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ