2018/1/31  23:30

後だしの家賃交渉  実践、実務、競売不動産
無事に入居申し込みをいただいた19件目の元ごみ屋敷に続いて

クリックすると元のサイズで表示します


大家さんデビューした1件目の競売マンション

クリックすると元のサイズで表示します


にも入居申し込みがありました。

1/28(日)に電話での部屋の仮止めの依頼があり、1/29(月)夕方ごろに入居申し込みが届きました。


この仮止めのあとすぐに、もう1件入居申し込みをしたいと連絡があったのですが、仮止めの連絡もあり必ず翌日の月曜には正式な入居申し込みを送りますと言っていたので

この2番手の人はお断りしました。


ここまでは、いいのですが


電話での仮止め時には、なにも言ってこなかった

家賃の値段交渉を月曜の入居申し込みに記入して送付してきました。


うーーーーーーん、値段交渉は申し込みを入れる前に電話で相談してからが一般的で


しかも、仮止めをした後に何の相談もなく、家賃の値下げを書いた申し込みを送ってきました。


2番手をお断りしていることもあり、少しルール違反な感じはしました。


値段交渉を断ろうかとも考えましたが、細かいことを指摘しても仕方ありませんので


家賃を値下げして、審査に進むことにしました。


小さなことを気にしても仕方ありませんので、このまま2件とも契約まで進んでほしいものです。


私のメインホームページ
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
所有物件の詳細や不動産投資成功のノウハウを紹介してます。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ