2015/6/14

山形県白鷹町・あゆーむ「0才からのジャズコンサート」  2015年春のツアー

 白河から3時間、山形県白鷹町のAyu-muに到着。ここからフラワー長井線の可愛い無人駅が見える。

 音響が抜群のこの会場、ロビーにはオーディオ好き館長ご自身のJBLの大きなスピーカーが2つ並んでいる。町民が自由に良い音響器材でCDを聴けるようにという粋な配慮だ。

 今年は会館の主催なので、着いた時にはすでに会場のセットアップが済んでいたのが実にありがたかった。

 晴天に恵まれたくさんの皆様、今春ツアーの最終日に相応しい楽しいコンサートだった。

 終演後は、会場職員の方や受付等を担当してくださったサポーターの皆さんと軽く打ち上げ。その後、鉄道好きの林さんのために、皆で無人駅「四季の郷」へ。

 今回は南の高知から北上し山形まで本当に上手い具合に梅雨から逃れることが出来た。

 ご来場くださった皆さん、クラウドファンディングマクアケにご支援くださった皆さん、協力して下さった各地の皆さん、共演の池田、林、橋本、横山、有明各氏、本当にありがとうございました。

 明後日NYに戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します
明るい場内に一杯のお客様

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これがロビーにある真空管

クリックすると元のサイズで表示します
近くにあるフラワー長い線「四季の郷」駅は通称サザエさんの家

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1時間に1本もない電車にお目にかかれた!

クリックすると元のサイズで表示します
全ての演奏が終わり、のどかな風景の中、しばし皆でぼーっとする

クリックすると元のサイズで表示します
見渡す限り田んぼなんです
3

2015/6/13

福島県白河市・はくしんイベントホール  2015年春のツアー

 盛岡から5時間南下、福島県白河市に到着。いつもお世話になっている鈴木さんと金田氏らの作る白河ジャズクラブ主催のコンサートが、白河信用金庫が持つホールで開催される。

 我々の演奏前には地元のシンガーソングライター「まゆ」さんが二曲演奏。まだ高校一年生なのに音量豊かで張りのある歌声と達者なピアノ、将来有望だ。

続いて我々が演奏した。実にノリの良いお客様、軽快に飛ばす。福島県、山形県周辺にはいつもかけつけてくださるご夫婦、久しぶりにお会いした知人のT氏、と知った顔もあってうれしい。

 鈴木さんのカフェ「茶房瑠」で打ち上げ、彼の料理の腕は最高だ。トリオで唯一お酒が飲めるベースの林氏にはドイツのビールが振る舞われた。

宿泊したプレミアインはモダンで快適なホテルだった。三角形のお風呂の小窓からは外が見えて、湯に浸り気持ちが良い。

 ホテルの部屋も広いので林さんの部屋で皆でツアー用Nゲージを見せてもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
高校一年生のシンガーソングライターまゆさん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
花束は、2年前のコンサートでポスター絵をかいてくれた小学生

クリックすると元のサイズで表示します
まゆさんとお母様、お世話になった鈴木さんと

クリックすると元のサイズで表示します
林さんのツアー用Nゲージ
3

2015/6/12

青森県黒石市・音蔵こみせん  2015年春のツアー

 盛岡から北上2時間、青森県黒石市の江戸時代の商家を保存した一画にある蔵を利用した『こみせん』に到着。

 いつもお世話になる宮本さん、東さんもお変わりなくお元気そう。5年ぶりのコンサートだが、満員のお客様。東北人の熱い芯を感じさせる反応ぶりであった。

 隣の蕎麦屋「金の銀杏」(樹齢300年の銀杏の大木が庭にある)では本物の大ぶりの山葵、ダシの香る付けつゆ、もちろん麺は手打ちだ。ここまで来ると東京の影響を受けていない、日本人の原点とも思える独自の文化と気性が人々から感じられる。

 演奏後に盛岡まで戻る。

クリックすると元のサイズで表示します
音蔵こみせん

クリックすると元のサイズで表示します
こみせんの裏の蕎麦屋「金の銀杏」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こみせ通りには古い酒屋などがある

クリックすると元のサイズで表示します
赤い建物は消防署の櫓

クリックすると元のサイズで表示します
これが消防署、現役です

クリックすると元のサイズで表示します
ステージのバックはねぷた

クリックすると元のサイズで表示します
一杯のお客さまでした

クリックすると元のサイズで表示します
手作りの飲食コーナー、飲み放題で500円也
2

2015/6/9

福島県いわき市・The Queen  2015年春のツアー

 東京から3時間、いわき市での演奏はオーナーの人柄が好感度抜群のライブハウス「The Queen」。

 私のファンの方々に加えて、ゲストの素晴らしいボーカリスト、暖みえこさんの生徒さんやご友人、ジャズの好きな店の常連さん、北茨城市からの方々・・・と前回にも増して沢山のお客様である。

 リクエストもたくさん出て、手拍子でノリノリの一夜となった。

 さて、スーパーで夜食を仕入れてからホテルに戻ると、凄く嬉しいニュースが待っていました。クラウドファンディングマクアケのC製作プロジェクトの目標達成率が98%に成っていたのです!

 1時間前に「赤ちゃんと聞けるコンサートを広めたいという思いに共感します。かねてから(私も)そう思っていたところに、この募集を見かけて不思議な縁を感じて応援します」という方が支援をして下さいました。一面識もない方からの応援は、我々の「0才からのジャズコンサート」の意図が間違っていなかったという嬉しい応援歌です。
 
 昨日も、名古屋の方から大きな支援を頂き、とてもありがたく思っていた所でした。
 
 今日までに48名の方々から御支援を頂きました。金額の多寡に関わらず、我々の活動に共感してくださり、応援してくださるお一人お一人に本当に感謝しています。
 
 あと一息、頑張ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ゲストボーカルの暖みえこさん

クリックすると元のサイズで表示します
2

2015/6/8

池袋・Absolute Blue  2015年春のツアー

 池袋に新しくできた「absolute blue」のオーナー星川さんとはニューヨークで知り会った。

 駅からすぐの素敵な店内には私の近所のタイムススクエアの大きな写真が飾られている。

 久しぶりの都内のジャズクラブでの演奏には、懐かしい顔や毎回来てくださるご夫婦、私のCDを集めて下さっているファンの方など沢山のお客様。

 嬉しくて演奏も過熱気味だったかも知れない。今日からベースが林正男である。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2015/6/7

茨城県龍ヶ崎市・Jazz Barおくら  2015年春のツアー

 長野県から茨城県まで5時間、会場の「Jazz Barおくら」に到着。

 ここは家具屋さんの奥にある、ピアノがあるだけのスペース。龍ヶ崎ジャズクラブの皆さんが、ここにテーブルや照明をうまく配置して、ライブの時だけ「Jazz Bar」として使用している。

 歌手のマック・ギルバートさんがゲスト。フィリピン育ちだから英語は母国語である。

 ノリの良いお客様と手作り感満載の会場の楽しい一夜であった。

 演奏後、各自は自宅へ戻る。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ゲストボーカル、マックさん

クリックすると元のサイズで表示します
会場はすべて手作りなのである
2

2015/6/6

長野県飯田市・飯田病院  2015年春のツアー

 藤枝から山道を走って長野県飯田市に向かう。今日はたっぷり時間があるので、途中「道の駅」に寄って買い物や昼飯。

 飯田病院の広いロビーでのコンサートには180名の皆さん。月一回開かれる定例コンサートは入院患者さんと家族、地元の人も楽しみにしている。

 今日はいつもにも増して人数も多く、ジャズを楽しみにいらした方も大勢いた。

 打ち上げは最上階にあるレストラン、ここは美味しい。病院の職員が持ち回りでコンサートスタッフを担当し、準備から打ち上げまで参加するので、毎回新しい顔もある。

 若いスタッフの皆さんも礼儀正しく気持ちの良い人ばかり。またの再会を約束する。

クリックすると元のサイズで表示します
山の緑と抜けるような青空が美しい飯田市

クリックすると元のサイズで表示します
飯田病院に到着

クリックすると元のサイズで表示します
リハーサル中

クリックすると元のサイズで表示します
会場は一杯です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げ

クリックすると元のサイズで表示します
飴細工までシェフの手作り
2

2015/6/5

静岡県藤枝市・一祥庵  2015年春のツアー

 今日から3回は、私とドラムの橋本学、有明のぶこのトリオである。

 藤枝市岡部町の、江戸時代には本陣旅籠だった建物を改装した料理屋「一祥庵」での演奏は今年で4回目。私は毎回、ここに展示販売されている趣味の良い陶器を買ってNYに持ち帰って使っている。

 女将さんは、今年始めに自動車事故に巻き込まれて肩を骨折、まだまだ完治していないというのに、女将の尽力で満員盛況。皆さんに、美味しい料理とジャズの夕べを楽しんで頂いた。

 「三上さんに味わってほしい」と差し入れで頂いた静岡の銘酒「磯自慢純米大吟醸」を、終演後に皆で試飲。ネットで調べたら1万円位する高価なもの!めったに味わえない銘酒に皆で舌鼓を打つ。

 宿泊した焼津のホテルはトイレとお風呂が別々になっていて通常クローゼットのある場所がトイレという設計。やたらにスイッチが多くて、どれを押せば良いのやら最初は迷う。浴室にはシャワーカーテンが無いから備え付けの足拭きマットはビショビショに濡れる。ロビーのパソコンからはメールは読めても送れないと注意書きに書いてある。何ともいえない思考法で貫かれている古い建物のホテルだが、室内設備は新しく清潔で過ごしやすい。

 今日はとても涼しくて、先週の暑さで薄着しか持って来なかったので寒い。

クリックすると元のサイズで表示します
途中の高速から眺めた富士山

クリックすると元のサイズで表示します
サービスエリアにて

クリックすると元のサイズで表示します
まずは一服、女将さんと

クリックすると元のサイズで表示します
リハーサル中

クリックすると元のサイズで表示します
ここの食事は優しくて美味しい

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これが磯自慢純米大吟醸42 静岡県人でもめったにお目にかかれないという

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/6/5

お詫びとお知らせ  2015年春のツアー

クニ三上、春のツアー2015は5月15日にスタートし、順調に各地での演奏を続けています。

今回のツアーでは、Facebookにツアーの様子を掲載し、こちらのブログでのツアー報告をしていませんでした。

しかし、「ブログのツアー日記も更新して欲しい」というご希望を頂きました。Facebookはご覧にならずに、このブログだけを楽しみにされていらした方には大変申し訳ないことをしてしまいました。心よりお詫び申し上げます。

そこで、今更ではありますが、ツアー初日からの報告をこれから少しずつ掲載することに致しました。ツアーも残すところあと10日ですが、これまでの20日分はできるだけ早く掲載していきますので、どうぞ時々覗いてみてください。


4

2015/5/31

愛知県豊川市・八の蔵  2015年春のツアー

 「八の蔵」での演奏は5回目である。オーナーの平松一家のご尽力で毎回満員にしてくださり、今回も二階席まで一杯のお客様。

 外の日差しは暑いが、蔵を改造した会場内は涼しい。ピアノの先生である奥様のお友達は皆さん、音楽好きで、リクエストも多かった。

 「0才からのジャズコンサート」のCDシリーズのジャケット表紙絵を描いてくれている絵描きのピピさんとその夫の山本氏も来場。彼らはキャンピングカーで全国を旅している。最近はフランスやオランダにも足を伸ばし、絵の為になるインスピレーションを受けているとの事、お元気そうで嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します
母屋のピアノの部屋を控室に使わせてくれます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ピピさん、山本さん、平松家のみなさんと
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ