2013/6/19


今回、役に立った小物

クリックすると元のサイズで表示します
アイロン :千円位なのに便利

クリックすると元のサイズで表示します
煎茶淹れ :倉敷で買った備前焼き、宿泊先で一人分のお茶を飲むのに最適です。
2

2013/6/15


 出発前にシュターナー学園いずみの学校を見学する。ルドルフ・シュタイナーはドイツの教育哲学者だが、有機農法や芸術や心理学、神学にまでその思索が及んでいる。彼の理論を基にしたユニークな学校は日本全国に11校。

 ここ豊浦町でシュタイナーが町から借りているのは元中学校の校舎。だからここは全国でも稀なほど充実した施設なのである。そして、この学校へ子どもを入学させる為に家族で引っ越してくるケースもあるので、人口減少から逃れられない小さな町にとってもプラスになるわけだ。

 町の名産であるいちごを、生徒たちが校庭の隅にあるハウスで栽培していて、収穫期の今日は日曜の雨にも関わらずイチゴの収穫が行われていた。ハウスを訪れて、その場でイチゴを食べるとその味と香りは抜群である。
 
 私が見学に行きたいと理事の横田先生にお願いしたので、日曜日の休みだというのに女性校長・まいこ先生がわざわざ校内を案内をしてくれた。

 一旦宿に戻って、お世話になった商工会の徳田さん、とわに−倶楽部の梅沢さんのお見送りを受けて出発。

 今日は苫小牧からのフェリーが夜出発なので、たっぷり時間がある。まずは豊浦の隣町にある「ギャラリーカフェ杢」に寄って一服。昨日のライブにも来てくれた彫刻家のオーナーご夫妻と歓談。

 湖沿いの山道を走り、道の駅「きのこ王国」などに寄ったりして夕方苫小牧港に到着、フェリーに乗船。

 40人の乗務員、乗客は8百人収容可、ホテルのような個室のあるこの船はラウンジあり、レストランあり、ショータイムあり、と豪華客船の設備である。

 一晩をこの船で過ごし、朝10時に仙台着。5時間後に東京着。

 今回も橋本、池田、林、今村、有明、福森(敬称略)のサポートで春のコンサートツアーはたくさんのお客様で好評に終わった。皆さん、ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します
シュタイナー学園いずみの学校

クリックすると元のサイズで表示します
お世話になった徳田さん、梅さんと

クリックすると元のサイズで表示します
カフェギャラリー杢のオーナー夫妻と

クリックすると元のサイズで表示します
午前中は雨だったのが嘘のように午後はこんなに晴れた!

クリックすると元のサイズで表示します
これが豪華な客船内
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
仙台はどんよりしていた。乗ってきた客船「きそ」
3

2013/6/14

北海道豊浦町・とわにー  2013年春ツアー

 春のツアー最終日は、イチゴの里・豊浦町のとわにーホール。この素晴らしい会場での演奏は今年で4回目、親しくなった商工会やとわにー倶楽部の皆さん、元気そうで何より。

 今年は、客席の後方はテーブルを置いて、飲みながら聴けるスタイルを取っている。また地元の中学生、高校生たちにも参加してもらうという試み。

 中高生たち、帰りがけに「感動しました」と声をかけてくれたりアンケートに「初めてのジャズ、楽しかった」と書いてくれたり、うれしかった。

 毎回楽しみな終了後の打ち上げ、今年もすごい。地元で採れたホタテの稚貝、フォアグラのようなアンコウの肝、新鮮なズワイ蟹とその甲羅に入った味噌、ひらめと甘えびの刺身、プリプリの鮭はその名も「時知らず」。

 素晴らしい素材を活かした、この店の女将の創作料理の上品で柔らかい味付けには脱帽である。この土地の人達は、幸せだ。

クリックすると元のサイズで表示します
高速を通らず中山峠から豊浦へ。中山峠から見た羊蹄山

クリックすると元のサイズで表示します
羊蹄山をバックに

クリックすると元のサイズで表示します
中山峠にて

クリックすると元のサイズで表示します
喜茂別道の駅にて

クリックすると元のサイズで表示します
リハーサル中

クリックすると元のサイズで表示します
受付けの様子

クリックすると元のサイズで表示します
本番中、舞台袖から

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
客席後方はテーブルで飲みながら聴くことができます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げは豪華な海の幸

クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/11

函館へ移動  2013年春ツアー

 美味しい朝食をいただいて、3時間北上し青森港に向かう。そこからフェリーで4時間で函館に到着。

 函館公民館で明日の「0才からのジャズコンサート」の準備をする。

 このホールは固定席なのでいつものように前方にシート席を作ることができない。替わりに、舞台が広いので演奏する我々の後方に、少しだが赤ちゃん連れの人用にシート席を用意した。

 NYで一緒に演奏していた打楽器のEvanと、以前演奏したジャズ喫茶「想苑」で待ち合わせる。和太鼓もやっていた彼は函館に英語教師の職を得て日本に来ることが出来た。元気そう、異国の地での生活を楽しんでいる様子だ。

 今回我々がお世話になっている、大学の先生で公民館を活用してコンサートを開催している松石さんも紹介することができた。

クリックすると元のサイズで表示します
公民館前からの眺め

クリックすると元のサイズで表示します
公民館の入り口

クリックすると元のサイズで表示します
公民館前の道路にて。後方は函館護国神社

クリックすると元のサイズで表示します
道路の反対側は、海が見えます

1

2013/6/10

岩手花巻・銀河の里  2013年春ツアー

 山形から北上、3時間半で岩手県花巻市郊外の「銀河の里」に到着。ここは高齢者施設と農地を利用した地場産業を営んでいる。

 デイケア・センターの中にグランドピアノとドラムまで設置された広い部屋があり、ここが毎月1回のコンサート会場になる。

 働いている人たちに若い人が多く、キビキビとして活気がある。

 コンサートは近隣に住む方々や車イスの入居者、通所者の方々、職員の方たちで一杯である。皆さん、リクエストの「川の流れのように」を口ずさんで下さった。

 終了後は、囲炉裏のある畳の一角で、職員で実行委員の皆さんと打ち上げ。いつも施設の食事を作っている栄養士さんの、ここで作った野菜を使ったお料理や銀河の里製りんごジュース等に舌鼓を打った。

 今日は演奏した広い部屋に宿泊させていただく。デイケアセンターなので、広いお風呂や洗濯機、何でもそろっているのである。

クリックすると元のサイズで表示します
玄関にて

クリックすると元のサイズで表示します
窓の向こうは緑が一杯

クリックすると元のサイズで表示します
受付は職員で実行委員の皆さん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
客席はこんな感じです

クリックすると元のサイズで表示します
皆さんと記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します
銀座の里製りんごジュース

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げはいろりにて
2
タグ: 銀河の里

2013/6/9

山形県白鷹町・あゆーむ  2013年春ツアー

 3時間移動して、山形・白鷹町のホール「あゆーむ」に到着、目の前にあるのは可愛い単線の駅。

 入口で所長さんの真空管オーディオが迎えてくれるこのホールは、モダンで機能的で良い音響(サントリーホールの設計室)、そして調整の行き届いたヤマハのピアノ。何から何までが素晴らしい。「文化に力を!」という前町長の決断で建てられて4年のピカピカで新しい会場、ギャラリーも併設した施設である。

 白鷹音楽愛好会の皆さんが集客から会場準備、当日の受付、楽屋のお世話まで周到に準備をしてくださった。

 その音楽愛好会の皆様を始めとする音楽好きのお客様だから、思い切りのジャズとなる場面もあって山あり谷ありの起伏に富んだ演奏を披露した。

 演奏後の懇親会では会員の皆さんとお話がはずみ、池田のピアノ、三上のドラム、橋本のベースで1曲ご披露、これまた受けました。

クリックすると元のサイズで表示します
近くにある「四季の郷駅」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにのどかな場所に

クリックすると元のサイズで表示します
こんなに大きな建物が現れた

クリックすると元のサイズで表示します
さっそく弾いてみます

クリックすると元のサイズで表示します
会場は準備がととのっています

クリックすると元のサイズで表示します
控え室にはラベンダーが

クリックすると元のサイズで表示します
ロビーにはこんなに立派なオーディオ装置があります

クリックすると元のサイズで表示します
○百万もするという真空管

クリックすると元のサイズで表示します
ロビーの照明器具もおしゃれなんです

クリックすると元のサイズで表示します
そして開演

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
同じ会場で打ち上げ

クリックすると元のサイズで表示します
めったに聴けないトリオでの演奏

クリックすると元のサイズで表示します
帰りは単線のローカル線「フラワー長井」に出会えました
1

2013/6/8

白河<昼>「親子でジャズコンサート」 <夜>茶房瑠  2013年春ツアー

 朝11時からは同じホテルで「親子ジャズコンサート」。昨日と同じく昇栄の主催で、市内の幼稚園や社員の家族に呼びかけて、約100人の親子が集まってくれた。昨日の宴会場がテーブルをどけてコンサート会場となる。

 社長の計らいで、帰りには子どもたちにはうれしい駄菓子のお土産付だ。

 昼食は金田社長と昨日からお世話になっている昇栄の社員お二人と一緒に方白河ラーメンの名店「彩華」へ。懐かしい鶏スープ醤油味である。

 夜の演奏会場はホテルから5分の「茶房瑠」。この町の方々に加えて、いわき市から往復4時間かけて来場の田中夫妻、同じくいわき市から深澤さんも。

 2階にある電気ピアノでの演奏はいつもの生ピアノとちょっと違った味わいの選曲となった。皆さん、打ち上げもご一緒してくれて、お互いの交流を深めた。

 いわきからいらした方たちには、震災後に市の様子が様変わりした苦労話等を伺う。地震と原発の傷跡は癒えていない。

クリックすると元のサイズで表示します
午前11時の演奏

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
客席の様子

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
花束贈呈

クリックすると元のサイズで表示します
記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します
お土産の駄菓子

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
「彩華(さいか)」のラーメン


クリックすると元のサイズで表示します
夜の演奏は「茶房瑠」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げ

クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/7

福島県白河・ホテルサンルート白河「(株)昇栄創立30周年記念パーティー」  2013年春ツアー

 福島県南部の白河市まで車で3時間弱で到着。白河でのライブ3本の窓口になってくださった鈴木さんは昨年「駅かふぇ」のマスターとしてお世話になったが、今年は自分のお店Café Bar「茶房瑠(さぼうる)」をオープンさせて一人で営業している。

 まずは鈴木さんの「茶房瑠」を訪れる。新築の木材の香りがする店内、可愛い椅子とテーブルは鈴木さんの手作り、棚には私の好みの本がたくさんあって嬉しい。絶品のドリップコーヒーとデザートで一服。ドイツの珍しい白ビールもある。

 そして今日の演奏会場ホテルサンルートへ。このホテルでの演奏は、鈴木さんの紹介で昨年お会いした金田氏の会社「昇栄」の創立30周年記念パーティーでジャズコンサートをという、ジャズ好き社長ならではの粋な計らい。

 美味しい食事と飲み物と幅広い年齢層のお客様、終盤は手拍子でノリノリの会でした。

 今日の参加費は被災地、大船渡へのチャリティーになるという。

 今日と明日のコンサートのポスターを描いてくれたのが中学生の女の子だと知ってビックリ!その名もモネちゃんだから、産まれた時から画家の道を進む人だったのかも。

クリックすると元のサイズで表示します
茶房瑠のテーブルと椅子は手作り

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが2Fで、明日の演奏会場になります

クリックすると元のサイズで表示します
鈴木さんと

クリックすると元のサイズで表示します
夜のパーティーでの演奏

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
客席はこんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します
演奏後に金田社長から大船渡の方へ、寄付金の贈呈

クリックすると元のサイズで表示します
ポスターの画家(モネちゃん)から額に入れたポスターを贈呈される

クリックすると元のサイズで表示します
金田社長、モネちゃん、モネちゃんのおとうさんと
2
タグ: 昇栄 茶房瑠

2013/6/2

長野松本・チクマ楽器  2013年春ツアー

 2時間で松本市に到着、創業以来半世紀が経つチクマ楽器店にある3階のホールで、展示された沢山のピアノに囲まれての演奏。

 いつもお世話になっている水谷氏らが「信州ジャズ民」という組織を立ち上げ、その第3回のコンサートである。皆さんのお陰で沢山のお客様。
牛久からの徳岡夫妻、昨年演奏した白馬のペンション・シャモニールの新田氏など、よく知った方たちのお顔も見えて嬉しい。

 後半は関西で活躍中の女性テナーサックス奏者、西村有香理さんが加わって、ホットな演奏となりドラムの今村氏、いよいよ自由自在な本領を発揮、ごきげんなビートを叩いてくれた。

 ところでこのチクマ楽器店のオーナーは木村流の大正琴(キーハープというのが現代名)の宗家である。模範演奏を披露していただいた際に「NYでこれを演奏したい」と言うと、何と!大正琴を1台くださった。これは凄い、NYには数台しかないはずだ。

 演奏後は帰京、今日で林・今村組とはお別れである。お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
チクマ楽器店玄関にて

クリックすると元のサイズで表示します
ホールは3F、2Fはピアノギャラリー

クリックすると元のサイズで表示します
大正琴木村流の宗家と

クリックすると元のサイズで表示します
受付けは水谷夫人とお嬢様

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
一杯の客席

クリックすると元のサイズで表示します
西村さんを迎えて
0

2013/6/1

長野県飯田・飯田病院  2013年春ツアー

 早起きして東寺まで歩く。ちょうど大般若会の日だったので弘法大師空海の住房であった御影堂で、信徒の皆さんと共に参拝する。各自が鉦を鳴らしながらの女性15名程のご詠歌の合唱から始まり、ウコン色の僧衣を身にまとった僧侶10名が登場、儀式が開始された。これもまた素晴らしい、日本の音楽の原点である。

 昼近くに京都を出発し3時に飯田に到着。2年ぶりの飯田病院でのコンサート、通常はクラシック音楽が中心だが、私のジャズ演奏も加えてくださっている。180名のお客様に「五木の子守唄」「バッハ」など、「トトロ〜アンパンマン・メドレィ」では前列の子どもが踊りだしたのが微笑ましかった。

 ベースの林は今日の音響・桑原さんのお店でライブをした事があったので、思わぬ再会。

 打ち上げは最上階の展望レストラン、美味しい食事にシェフとプロの芸人を目指す息子さん(モリピー)のコントの披露が加わった。

 ニューシルク・ホテルは大浴場やサウナ、ジムまであって、通常のビジネスホテルより部屋やトイレも広くて快適である。無料ランドリー。

クリックすると元のサイズで表示します
飯田病院のロビーはガラス張り、外の緑が美しい

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中

クリックすると元のサイズで表示します
客席の様子

クリックすると元のサイズで表示します
花束贈呈

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げは病院のレストラン、こんな豪華な食事です

クリックすると元のサイズで表示します
最後は皆さんと記念撮影。赤い衣装の青年がモリピー
0
タグ: 飯田病院



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ