2009/12/8

オータムツアーを終えて  09年秋ジャパンツアー

 今回、有機食品を扱う企業体の経営する会場が多かった。鹿児島「森小休」の放牧豚、低添加の豚加工品。福岡「庄分酢」の有機酢など身体に良い食物をモットーとした数々の会社の努力には頭が下がる。

 これらの会場は実に清らか、清潔で、お客様も実に豊かな福相の方々であった。

 私のトリオのコンサートを主催してくださる皆さんは、自分の金銭的利益などの営利目的ではなく、地域の方々に良い音楽を聴いてもらいたいから、という気持ちを持った方々ばかりである。

 実行委員会を作り、知り合いを誘い、地域のマスコミに情報を載せ、本当に手弁当でコンサート開催までこぎつけてくれる。天使の心を持った人々だと思う。「感謝」の念に尽きる思いで一杯である。

クリックすると元のサイズで表示します
金沢〜富山へ向かう途中の「道の駅」にて

クリックすると元のサイズで表示します
帰京途中のパーキングエリアにて
0

2009/12/7

39日目、富山にてマスタリング  09年秋ジャパンツアー

 先日の月下草舎での録音のマスターリングの為に、富山の福井さん宅を訪問する。

 自宅の収納庫の一部がミキシング装置の設置されたスタジオとなっている。「サウンドファーム」と命名されたように、農業も営む福井さんの収納庫は、農繁期には農業の為に使われている。今は農繁期が終わり、スタジオと化しているわけだ。

 桂さん、水谷さんも合流し、音質や広がりの調整を行なう。

 録音時にマイクに不調があって心配したが、うまい具合にトリオの音がミックスされた。来年の春にはCDとして皆さんにも聞いていただける事と思う。

 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/12/6

38日目、金沢「リバーサイド」  09年秋ジャパンツアー

 遂に長いツアーの最後である。

 青空が眩しい山梨を出発、北上するに従い曇天に、そして到着した金沢は雨。

 ジャズクラブ「リバーサイド」は出来て2年の真新しいお店。洒落たインテリアでピアノも良いし、ホテルから数百メートルという至近距離。

 リハーサルの後は、先日お世話になった松本の水谷さんご紹介の永崎さんと夕食をご一緒する。

 初めての金沢とあって、残念ながらお客さんは少なかったが、2ステージ目は地元で活躍中のボーカル、文(あや)さんと羽広(はびろ)さん、ベースのさかいさんも加わって、最終日に相応しいエキサイティングなセッションとなった、外は雨も上がって気持ち良い。

 最終日なので、終わった後4人で焼き鳥屋へ繰り出す。

クリックすると元のサイズで表示します
小淵沢の朝は快晴だった。月下草舎にて皆さんと

クリックすると元のサイズで表示します
出発前に月下草舎の玄関にて

クリックすると元のサイズで表示します
月下草舎から見えるアルプスの山々

クリックすると元のサイズで表示します
出発したら、すごい霧が見えた

クリックすると元のサイズで表示します
リバーサイドでの演奏

クリックすると元のサイズで表示します
最後はセッションとなった
0

2009/12/5

37日目、小淵沢「月下草舎」  09年秋ジャパンツアー

 今日は小淵沢のジャズ・ペンション「月下草舎」でのライブ録音「生禄(なまろく)大会」である。

 3人の方が「MP3」「Hard Disc」「CD」と各様の器材を持ち込んで「生禄」に参加してくださった。各自がマイクの種類やその設定場所を選び、演奏開始を待つ。

 11月28日の富山での録音コンサート同様、松本サウンドパーツの水谷さん、富山サウンドファームの福井さんが中心になってコーディネートをして下さった。

 今日は演奏の模様がDVDにも収録された。いずれもできあがりが楽しみである。

 終了後は、遠くから生禄に参加された方々も一緒にペンションに宿泊したので、夜遅くまで音楽や録音談義に花が咲いた。

クリックすると元のサイズで表示します
録音風景1

クリックすると元のサイズで表示します
録音風景2

クリックすると元のサイズで表示します
録音風景3

クリックすると元のサイズで表示します
照明とビデオ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中

1
タグ: 月下草舎

2009/12/4

36日目、愛知県三好町「カーデン」  09年秋ジャパンツアー

 昨年も演奏した「カーデン」は、オーダーメイドのカー・ステレオのお店だが、隣接するユニークなデザインの広いカフェがコンサート会場となっている。
 
 おしゃれな作りの会場は、倉庫を社長自らのデザインで改造したものというが、元が倉庫とは想像もつかない。2階はギャラリーにもなっていて、その時々で違うアーティストの展示物が並んでいる。

 家具もアーティストの手作り作品を使っていて、木をチェーンソーでくり貫いたイスやテーブル(重い!)が面白い。ト音記号の背もたれのイスもある。

 今回はダンス・ナイトというタイトルで、お客様の中に見事にステップを踏む数組のカップルの参加があって、演奏にあわせて踊ってくれた。

 NYでもスイングダンスの演奏もしているが、日本のカップルも上手だなと感心しながら演奏を続けた。

 名古屋市内からイタリアンレストランのシェフを招いて、今日の為に特別なお料理も用意されていた。

クリックすると元のサイズで表示します
入口付近

クリックすると元のサイズで表示します
ここは喫煙所

クリックすると元のサイズで表示します
これがト音記号のイス

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中

クリックすると元のサイズで表示します
2階から

クリックすると元のサイズで表示します
踊る人たち

クリックすると元のサイズで表示します
お上手なので、前方で踊ってもらいました

0
タグ: カーデン

2009/12/3

35日目、浜松「Jazz in B♭」  09年秋ジャパンツアー

 横浜から3時間、今日の会場、Jazz in Bbは音楽教室というから「じゃ、イスなどを動かして会場作りをするんだな」と思っていたら、グランド・ピアノとPA設備、さらにカウンターまであるライブ・ジャズのお店だった。

 自家焙煎のコーヒー、きちんと調理された各食事も美味です。

 会場には数年前の沼津公演で会った写真家のIさん、磐田「風の家」のコンサートにいらしていた方等、リピーターの方々もいらして嬉しい。

 お店のマスター・田村さんも地元のジャズボーカルや、地下のスタジオで楽器を練習している皆さんを誘ってくれて満員の会場、ジャズ通も多く盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
「準備中」の札の替わりに俳句が待っていた

クリックすると元のサイズで表示します
入口にて

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中

クリックすると元のサイズで表示します
久々にキーボードも登場
0

2009/12/2

34日目、休み、カラーコーディネート  09年秋ジャパンツアー

 今日はオフ。カラーコーディネターの倉橋さんを訪問する。

 着る物の色彩が顔色に反映されて、着ている人を健康そうに見せたり、不健康そうに見せたりする、という現象を鏡の前で実際に各種の色布をあてて実験する。

 私に似合う色をみつけることが出来た。

 その後は横浜を散策、「みなとみらい」の沢山の建物に驚いたり、見とれたり・・。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/12/1

33日目、横浜「ドルフィー」  09年秋ジャパンツアー

 横浜で30年間もジャズのライブを続けている老舗「ドルフィー」での演奏は、久々のジャズクラブというわけで、大層熱いものとなった。

 昨日、新たにシンバルを2枚購入した伊藤、自宅で休養した池田、両氏が今までより更にエキサイトな演奏をし、三上を挑発するのに乗ってしまい、若手に負けじと頑張る。N氏を始め、お客さんの声援も飛んで、何ともジャズクラブらしい一晩となった。

 新しいCD用に写真撮影も行なう。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 横浜

2009/11/30

32日目、帰京、菅野さんライブ  09年秋ジャパンツアー

 愛知から山道を下り、東名に入り、東京へ4時間。三上は祐天寺のホテル、宏樹は友人宅、横田、池田は自宅へ戻る。

 今日は丁度私の大好きなピアニスト・菅野邦彦さんの演奏があったので表敬訪問する。話には聞いていたが初めて見る菅野さん用鍵盤に驚きと感動。100年後にはこれが当たり前のピアノとなり、「ピアノ」は「スガノ」と呼ばれるようになるのでは?と思ったことであった。

0
タグ: 菅野邦彦

2009/11/28

31日目、富山県立山「グリーンパーク吉峰」  09年秋ジャパンツアー

 富山駅を北上し山の中へ30分、「立山・グリーンパーク吉峰」はキャンプ場やロッジ、宿泊できる温泉などのある森に囲まれたリゾートだった。

 「やましたピアノ調律研究所」がこの日の為にホールにグランドピアノを運び込み、時間をかけてコンディションを整えてくださっていた。

 NYで一緒にやっていたベース奏者の谷中秀治氏の顔も見える。

 客席にぐるりと囲まれたバンドの前にはマイクが6本、今日は富山の有志による生録音が行われる。各自が思い思いのリールテープやHDレコーダーを設置して演奏開始を待機している。

 サウンド・パーツの水谷さん、サウンド・ファーム(農家も経営されている)の福井さん、調律の山下さんを始めとする皆様のご尽力で、百名以上のお客様が来場。おかげで響きすぎる造りの会場が、うまい具合に吸音されて良い響きとなった。どんな風に録れたか楽しみである。

 皆さんとの打ち上げは「富樫」の魚料理!録音関係の方々のお話は判らない単語も多いが、音楽家の為になる有益な内容だった。

クリックすると元のサイズで表示します
道標の前で。バックは見事な紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
看板前にて

クリックすると元のサイズで表示します
敷地が広いので、このような案内が

クリックすると元のサイズで表示します
録音準備の様子

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
「富樫」のぶり大根

クリックすると元のサイズで表示します
カキの松前焼き
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ