動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2011/1/2

仔犬のワルツ  

ansakuさんのブログを見ていれば、もう詳細はわかっていらっしゃいますね。

引き取った子は妊娠していました。
引取後に判明した訳ですが、千葉では2010年度で3例目でした。
母体を重視して、協力病院の先生と相談して産ませる事にしました。
仔犬は可愛いですね。可愛いと思えるまでには苦労もたくさん。

産ませよう・・・そう決めた時、在宅でお仕事をされているansakuさんにお願いしてみようと言う事になりました。
ansakuさんには1年で2回目の妊娠犬の預かりになってしまいました。
本当に苦労をお掛けしています。

産まれたのは11月3日。
その日はCATNAPの卒業オフ会の日でした。
11月2日の夜から陣痛が始まりました。
ずっと代表と役員とansakuさんでメールのやりとりをしながら、出産を見守りました。
5頭全部が産み終わったのは明け方4時過ぎでした。
1頭、未熟児で産まれた為にansakuさんとansakuさんのお母さんが一晩中、タオルで体を擦りながら、保温をして徹夜で看病してくれました。
授乳をしたがらない母犬に代わり、2,3時間置きの授乳。
本当に大変だったと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

意見はいろいろあると思います。
でも産ませて育てる方が余程大変なんです。
敢えて、その選択をしました。

募集は開始していますが、安易な応募はご遠慮ください。
仔犬から飼う方が苦労も多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
110



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ