動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2009/9/30

数時間後の処分の前に…  CATNAP



CXでの特集をご覧になりましたか?
私は毎週このような所に通っています。
正直、辛いです。肉体的ではなく、精神的にです。
搬送希望のスタッフがいても、皆、辞めていきます。
どうして続けていられるのだろう?

クリックすると元のサイズで表示します
ここは最終部屋、もう数時間後には処分。
その中に大きな野犬風のワンコさんにいじめられているmixさんがいた。
震えながら、窓近くにいる私の元に来ようとしている。
でも大きな子はそれを許さない。
「もうすぐ死ななくてはいけないのに…それなのに…」
大きな子が悪い訳では無い。全てはこんな風な世の中にした無責任な人間だ。
クリックすると元のサイズで表示します

私の勝手ではこの子は救えない。でも時間が無い。
センターも譲渡と処分の選別を終えていた。
この子は数時間後に苦しみながら死ぬのだ。

         でも見送れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
代表に連絡を入れて検疫に残してもらった。
クリックすると元のサイズで表示します
月さんに相談して、預かりを受けてもらった。月さん、休みなく本当にありがとうございます。
トリミングは同僚Rさんとりんえんさん
病院受診はあんなさん

この子…、収容情報に居なかったのです。
どこかの保健所への飼い主持込だそうです。
処分される為にセンターへ移送されて来ました。
135



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ