動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2009/9/30

どぶに落ちてた小さな命  CATNAP

ある日センターで獣医の先生に
「ちょっと見てもらいたい犬がいるのです」と言われた。
収容犬なのですが、訳あって公示はしていないそうだ。
過去にも公示されない犬は居た。
状態が酷いからだ。最近で言えばnayuさん預かりの翔君(現在トライアル中)。

ちょっと怖かった。どんなんだろう?と。
クリックすると元のサイズで表示します
経緯を聞くと、ドブに捨てられたいたそうだ。鼻脇にはウジが湧き、皮膚が抉れていた。
クリックすると元のサイズで表示します
職員さんが毛を刈り、ウジを取ったそうだ。
そんな彼は私が触ろうとすると、唸り警戒した。
ドブに浸かっていた場面を想像すると怒りよりも切ない気持ちになった。
その時の彼の気持ちを思うとただ切なかった。
クリックすると元のサイズで表示します

代表・あんなさんと相談して引取を決めた。
クリックすると元のサイズで表示します
酷い毛玉。軽く数年はケアされていなかっただろう。
クリックすると元のサイズで表示します
太ったダニが無数に彼の体に吸いついていた。
クリックすると元のサイズで表示します
毛刈りを進めていくうちに、彼の眼は光を取り戻してきた。
クリックすると元のサイズで表示します

必ず幸せになって、生き抜いた力を見せつけて欲しい。

202



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ