動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2012/11/30

涙乾く間もなく  ALMA関連

たくさんの方々から、まよへのお悔やみの言葉を頂きました。
正直、今も彼女が亡くなった事に実感が湧かずにいます。
いつも帰宅後すぐにまよのお部屋のお掃除をしていたのに、それが無くなりました。
天気のいい日には抱っこしてベランダで日向ぼっこをしました。それも無くなりました。
ゴハンを用意したり、あんよを拭いたり、注射をしたり・・・

空のサークルを掃除して、まよの抜け毛を見た時に亡くなったんだと思いました。

まよが死んだ翌日はセンター訪問の日でした。
pinoさんが心配して同行してくれました。

会も保護犬がたくさん溜まっています。
今いる保護犬達も治療しながら、新たな里親様とのご縁を待たないといけませんし、預かり先もいっぱいです。

全部が全部引き取れる訳じゃない。

会は皆様のご支援の元、運営しています。
どうぞ、皆さまのお力をお貸しください。

カレンダーの売り上げは全て保護犬猫の医療費になります。
クリックすると元のサイズで表示します
お申し込みはこちらから
http://alma-charity.shop-pro.jp/

まだまだセンターには収容犬がたくさんいます。
一頭でも多く引取出来るように皆様のお力をお貸しください。

預かり先も随時募集しています。
あなたの人生に保護犬ボランティアをした思い出を残しませんか?
私達の会は30代、40代、50代〜の女性が中心の会です。
皆、仕事や家庭、子育てをしながら活動しています。
またご家庭で引き取った高齢犬のお世話をしてくださるご家庭も募集しています。
ご質問はアルマ小梅まで。

アルマ千葉支部では預かりスタッフを随時募集しています。
基本千葉県内にお住まいの方にお願いしていますが、お車あるよ〜の方は千葉近隣からもお受けしています。

ご質問、お問い合わせはアルマ小梅に。
koume_catnap★yahoo.co.jp
※★を@に変換してお送りください。
(小梅多忙中に付き、1週間ほどお返事にお時間ください)
28

2012/11/29

まよちゃん、天国へ  まよちゃん

11月29日、まよが亡くなりました。
前日夜はいつも通りにゴハンを食べていましたが、夜半から発作頻度があがり、早朝に意識が無くなりました。
神経発作は休みなくまよを襲い、正午にあんなさん、pinoさん、私に抱かれ亡くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
安らかな最期でした。
ずっとお世話になった院長からも良く頑張ったといっぱい褒めてもらいました。
あんなさんにもpinoさんにも同僚さんにもいっぱい褒めてもらいましたよ。


まよは・・・

まよに初めて会ったのは今年の2月のセンターでした。
クリックすると元のサイズで表示します
センターであず母さん預かりだったポッポちゃんと一緒にいました。
ポッポちゃんは素敵はご縁を掴んで、会を卒業しています。
後ろを向いているのが、センターでのまよちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します
頭をもたげたまま、まっすぐに歩くことも出来ず、ただ旋回していました。
私はまよを抱き上げました。
明らかな神経障害・・・でも見送ることは出来なかった。
代表、あんなさんに相談して、引取を決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
あんなさんにしばらく預かってもらい、4月に私の家にやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
壊死性脳炎と診断され、余命は3か月とのことでした。
夏は越せないと誰もが思っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
たった1.9キロの体重。でもゴハン大好きな子でした。
食べることに前向きなまよに死など予想は出来なかった。
クリックすると元のサイズで表示します

夏を越せた・・・
でも、この頃になると発作も頻発しだし、私は苦悩しました。
薬の量は増え、発作が治まっても、内臓に問題が出てきます。
食欲は無くなり、輸液に頼る生活になりました。
お世話になっている先生も試行錯誤してくれて、まよが苦しまないようにしてくださいました。
神経過敏が始まり、まよはちょっとした物音でギャンギャンとずっと吠えている生活になりました。
昼夜逆転、昼間寝て、夜に断続的に吠える生活がしばらく続きました。
クリックすると元のサイズで表示します
触られることを嫌い、最低限のケアで素早く体を清潔にしてあげることしか出来なかった。

でも、まよはここ1か月落ち着いていた。
もう年は越せる。また少し美味しいものを食べて生活してくれたらと思っていた矢先でした。
クリックすると元のサイズで表示します
先生と病院の看護師さんが来月は院内でトリミングしようねって言ってたんだよね。
ぼさぼさのままにしてごめんね。

まよ、ごめん。
大したことしてあげられなくてごめん。

でもずっと一緒。
まよは私の家族。

掛けがえのない家族。




皆さま
まよへの応援・支援をありがとうございました。
お花を送ってくださった皆様、この場にてお礼申し上げます。
147

2012/11/28

12月9日はフリマです〜!  ALMA関連

クリックすると元のサイズで表示します
一般社団法人アルマでは、遺棄された犬猫の保護、里親探し活動をしております。
保護犬猫の医療費、保護費にあてるため
年間を通じてフリーマーケットに参加しております。
フリーマーケット参加に向け、皆様のご家庭に眠る不要なもの、捨てるには勿体ない、
誰か使ってくれないかしらなど等、大募集中です!!
5

2012/11/23

あんみつちゃん移動♪  あんみつちゃん

ども。あんみつぴーです。
あんみつはおもちろくない小梅家を出ます〜。
うしし・・・本預かり宅はぴろいお庭もあるし、パパママは優しいし、先輩くん達も優しいんちゃよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
バイビー、小梅〜いい夢見ろよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにあたちはチッコ完璧なんちゃよ。

クリックすると元のサイズで表示します

あんみつちゃん、医療措置完了で本預かり宅移動です。
新しい預かり先はここ!→ノンベェ日記withハル
ノン母さんは会のイベントスタッフさんでしたが、今回預かりデビューです〜。
皆さま、応援してくださいね。

あんみつちゃん、とてもいい子です。
里親募集開始しました。
15

2012/11/22

あんみつちゃん動画♪  あんみつちゃん

こんばんは
あんみつぴー。
今日は動くあんみつをお見せするっちゃ。

13

2012/11/21

あんみつ 復活!  あんみつちゃん

久々の小梅の小部屋の時間でございます。
今日は久々のスピちゃんにお願いしてみましょう。

みなしゃま
お久しぶりんスピちゃんばい。
めっきり寒くなっちきよったね。
先週は誉にいちゃんん1周忌やったんやけん。
スピちゃんと小梅は小梅ん実家ん庭にお骨ば埋めにいったんやけん。
そん後、ご褒美はたった一本んベジタルチュウで小梅達はM市んディープでコアな居酒屋に食事に行ったたい。
スピちゃんはまよぴとあんみつちゃんとお留守番ばい。


クリックすると元のサイズで表示します
あんみつちゃんはプチ預かりでここん家に滞在ばい。
ちょこっっち体調崩したばいんやけど、今はちかっぱ元気ではしりまわっちいるクサ。

クリックすると元のサイズで表示します
どうも、あんみつピー。
あんみつ姫って呼んでね。

貧乏小梅家の滞在でちこっと体調を崩したわ。
でも完全復活ピー。
うしし・・・
もうすぐ花盛りの君ピーたちへのせかぴにお引越しピー。
ここは小梅もスピちゃんも意地悪だし、オヤジは遊んでくれナイナイナイし、つまんナイナイナイのピー。
まよぴはあんみつのこと、無視だし。


クリックすると元のサイズで表示します
まよぴは状態が落ち着いています。
ガンバレまよぴー!

あんみつですが、避妊手術の予後が安定せずにいましたが、元気に復活しました。
間もなく本預かり宅に移動して募集開始します。
シニアの子は募集開始まで、メンテナンスに時間が掛かります。
でも元気になっていくさまは私達の力にもなります。

元気なシニアのあんみつちゃん、ちっちゃなちっちゃなあんみつちゃん、間もなく募集開始です。

クリックすると元のサイズで表示します
47

2012/11/18

ラナちゃんはいい子 みんないい子A  ALMA関連

でも心残りはいつもあった。最終部屋の子達。
この子らだって、大切な命なのに、助けてあげる事は出来なかった。

代表はじめ私達スタッフはこんなジレンマにいつもあっていた。
小型がメインのレスキュー団体に申し訳なさも感じていた。
そんな時にある支援者さまからの申し出があった。

中型mixを一頭でも多く、また通常引取の犬猫達の一時的な収容場所として使って欲しいとのことだった。
また動物愛護の未来のモデル型ケースとして都市型シェルターの象徴にもなって欲しいとの希望もあった。

クリックすると元のサイズで表示します

このご支援が未来を見据える都市型シェルターが支援者様と共に発展出来るようにどうぞ、今後ともアルマをご支援ください。



最終部屋にいた中型mixさん達もみんないい子。

みんないい子。
56

2012/11/18

ラナちゃんはいい子 みんないい子@  ALMA関連

この日も暑かった。
私はセンターへ引取と打ち合わせで行っていた。

一通りに作業を終えて、最後に最終部屋を見た。
最終部屋にいる子はあと数時間後に処分となる。
センターも他のボランティアも選定を終えていた。
クリックすると元のサイズで表示します

私は心のシャッターを下ろした。
中型mix達がたくさん・・・
この子達を助けたいと思っても預かり先も無く、諦めるしか無い現状だった。
その中に一頭の小型犬がいた。
この子なら、なんとか救えるかもと・・・

同じ命なのにこんな選定しか出来ないのが実情だ。
皆同じ命なのは重々わかっている。
代わってくれる人がいるなら、そうして欲しい。
レスキューする立場の私達が自身の選択に嫌悪を覚える瞬間でもある。
クリックすると元のサイズで表示します
その小型犬の横の中型mixの視線が突き刺さる。
ゴメンって心の中でゴメンって呟くしか出来ない無力な私。

クリックすると元のサイズで表示します
先生にお願いして小型犬を出してもらった。
どうして譲渡対象に残れなかったのか聞いた。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな入選腫瘍を抱えていた。
咳もしている・・・
防御ガウもあった。

どうすればいいんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

でも私はこの子を最終部屋に戻す気は無かった。
代表だってあんなさんだってアルマのスタッフさんだって皆同じ思いに違いない。
助けてあげれるチャンスを背負った生きるべく存在なんだ。

この子は急きょ引取が決定した。
同僚さんにトリミングとプチを頼み、あんなさんに引継、遊縁さんに預かってもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
遊縁さんから写真を拝借しました。

こんなに可愛く変身した子はラナちゃんと名が付いた。
でもラナちゃんの体は状態が悪かった。
フィラリアは陽性。乳腺腫瘍は自壊寸前。肺に影まで見つかった。
募集は病名が確定するまでは、募集停止になった。
遊縁さんやあんなさん、nayuさんからも協力頂いて、この数か月闘病しながら体調を整えた。
ようやく手術が選択出来るレベルまで、持っていけた。
でも手術に心配は付いていたが、今後の為に頑張る事にした。

それもこれも仮ママとスタッフさん達と応援支援下さる皆さまのお蔭でもあった。


でも心残りはいつもあった。最終部屋の子達。
この子らだって、大切な命なのに、助けてあげる事は出来なかった。

代表はじめ私達スタッフはこんなジレンマにいつもあっていた。
小型がメインのレスキュー団体に申し訳なさも感じていた。
そんな時にある支援者さまからの申し出があった。

中型mixを一頭でも多く、また通常引取の犬猫達の一時的な収容場所として使って欲しいとのことだった。
また動物愛護の未来のモデル型ケースとして都市型シェルターの象徴にもなって欲しいとの希望もあった。

パート2に続く・・・
52



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ