動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2012/7/2

新生 社団法人ALMA  ALMA関連

         クリックすると元のサイズで表示します

CATNAP小さな命を救うネットワークは、このたび法人格を取得し、「一般社団法人アルマ」として新しいスタートをきりました。
私たちアルマは、動物と人の共生できるまちづくりを目指し、地域社会の健全な発展と、人と動物の絆(ヒューマン・アニマル・ボンド)を通して、児童又は青少年の健全な育成を目的に掲げています。

活動の主軸は、前身と変わらず、センターに収容された犬猫の「最後の砦」となり、1頭でも多くの子たちの命を繋げることです。

ひとりでも多くの方にセンターの現状を知っていただき、いまだなお、年間20万頭以上の犬猫が殺処分されているという事実を深く心に受け止めて、命の大切さ、尊さを、あらためて考えていただけることを願っています。

私たちがレスキューできる頭数は、年間200頭前後に留まります。

しかし1頭のご縁が大きな輪になって、やがて次世代の子供たちの時代には、このような不幸な殺処分という歴史が過去の遺物になるよう、保護犬猫を通しての啓発活動にも力を入れていきます。

前身のCATNAPから11年、活動を支えてくださった支援者の皆様、里親様、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

一般社団法人アルマ(2012年7月2日 法人登記)

代表理事 竹本 スタッフ一同

235

2012/7/1

思い・・・  小梅の小部屋

この数か月は本当に忙しかった。
一時は家族の不調もあり、本気で会を辞めようとも思った。
CATNAPの手伝いを始めたのは2006年4月からだった。
丸6年、7年目に突入した。
2007年からは千葉県動物愛護センターからの引取をするにあたり、千葉の役員になった。
2年位は余裕が無く、いつも疲れていた。
役員の中でも一番の年少者で信頼も信用も無かった。それでもここまでやってこれたのは代表はじめ、あんなさんやスタッフさん達のお蔭だった。

ここ数年は会の細部の事務処理が遅れだして、支援者さまや応援してくださる皆さまにも随分と心配を掛けた。
社団法人への移行の話を聞いたとき、実は私は悩んでいた。
でもCATNAPが未来永劫続くとは限らないし、ここでテコ入れをしなければ、後続にも繋がらないと思った。
2か月と言う、準備期間の中での法人設立はそりゃ大変だった。
皆、仕事と家庭と会の事と家にいる犬猫のこと・・・時間は短くともこれからの為にと踏ん張った。
ようやくスタートラインに立てる事ができました。

代表、あんなさん、ケイトさん、本当にお疲れ様です。
そして準備スタッフの皆さんも忙しい中、ありがとうございます。
預かりスタッフ、他関連スタッフの皆様もありがとうございます。
皆さまが万全に保護犬のお世話をしてくれたお蔭です。
ご協力頂いた司法書士のT先生、ありがとうございます。

CATNAPのスタッフのみなさん、本当にありがとうございます。
思いも新たに頑張って行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
まよも発作と戦いながら、頑張っています。
ゴハンが大好きなまよは、まだまだ生きようとしています。


ブログも3か月お休みしてしまいました。
ちょっとづつ、挽回していきます。
引き続き応援よろしくお願いします。
370



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ